2011年9月5日月曜日

芭蕉と俳句と共感覚

今日は、俳句と共感覚について書いておきましょう。

共感覚とは何か?

家の近所にといっても2、3 Kmは離れていますが、芭蕉記念館なる建物が立っています。

隅田川のほとりに位置する芭蕉記念館あたりを散歩すると、芭蕉の詠んだ俳句が碑や看板になって道なりに配置してあり芭蕉の句が愉しめるようになっています。
 
それで、松尾芭蕉の詠んだ句を自分自身で読みながら味わってみると、この人は間違いなく、先天的な共感覚(synesthesia)を持っていたか、少なくとも共感覚を意識するような形式では俳句をつくっていたことが分かるようになってきます。
共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, synæsthesia)とは、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。 例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。[1]
 と定義されている感覚であり、先天的にこれを持っている人は、文字に色が見えたり、音に色が見えたりと五感の感覚が溶け合っている感覚を持っており特に芸術などでその天才性を発揮している人が居ると言われています。
また、共感覚を持っていないにしても敢えて共感覚を強化するような練習を行うことで何らかのコンテクストにおいて創造性が向上するのではないかというようなアイディアが浮かんでくるわけです。
俳句と共感覚

さて、「松尾芭蕉は共感覚者である、あるいは共感覚を知って利用していた」というような、私と同じ考えを思いついた人は他にいないのか?ということについて調べてみると以下のリンクなサイトが幾つか存在しており、松尾芭蕉の思考や知覚のプロセスにおいて異なる知覚を連結した共感覚についてかなり詳細に分析されています。

例えば、芭蕉の句である「海くれて鴨の声ほのかに白し」の知覚の部分を声という聴覚が白いという視覚にリンクされている共感覚について分析が行われています。[2]
 (2) Haiku by Basho (p. 55)
The sea darkens.
The voices of the wild ducks
turn white.
Bly's Commentary:
Basho mixes the senses
the auditory with the visual.
[synesthesia]
ここでは、知覚の表現の形式として、鴨の声という聴覚に対して、視覚的な評価が連結されており、言わば聴覚の感覚と視覚の感覚が溶け合った、リアリティのある情景が描写されています。

また、リチャード・シトウィックの著作「Synesthesia: a union of the senses」を読むと以下の句に見て取れる共感覚が紹介されています。[3] 
鐘消えて花の香は撞く夕哉
 As the bell tone fades Blossom scents take up the ringing Evening shade.
 ここでは余韻を残してフェードアウトしつつある聴覚的なお寺の鐘の音と、嗅覚的な花の香りが融け合い、夕暮れの空に聴覚的に広がっていく独特の世界が展開されています。

さて、このような句を味わいながら、芭蕉が俳句を創る場面を創造し、芭蕉の知覚・認識がどういうプロセスで動いていたのか?を想像すると非常に興味深いと思えてきます。

芭蕉は実際俳句で表現されている状況に身を置き、禅の純粋経験のように五感のチャネルを開き、今ココに居る、というような、経験を味わうというところから俳句を創り始めたように思ってくるわけです。

そして、まさに、芭蕉の経験のインデックス、あるいは知覚・認知プロセスの足跡である俳句を、自分の知覚・認知プロセスに戻して、自分の経験として思い描き、知覚の融け合った状態に戻すと、芭蕉の味わった心象が浮かび上がってくるという、何とも不思議な感覚が味わえるというわけです。

このように自分の知覚・認知プロセスに焦点を当てると、良い俳句とは読み手の想像力をかき立て、いくつかの知覚の感覚をミックスする形式でその情景を思い描かせる形式を取る必要があることが分かってくるわけですが、これを更に進めて、知覚を溶かすような共感を伴った純粋経験に戻すことでベイトソンのダブル・バインドを超えた新しい視座や世界観を身につける知覚・認知の補助線として俳句の利用はあるのではないかと考えているわけです。

文献
  
[3] http://books.google.com/books?id=fl6wX4xzb_kC&pg=PA320&lpg=PA320&dq=synesthesia+haiku&source=bl&ots=ih0tuHUdts&sig=0ow87ivfmM5iAPruSNhvyxyAqVk&hl=en&ei=dOJjTtOdEbD2mAW1oLynCg&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CCsQ6AEwAg#v=onepage&q=synesthesia%20haiku&f=false

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿