2012年3月28日水曜日

ミルトン・エリクソンの言語パターン(その22)文脈的暗示



 エリクソニアンの格好の良いところは、クライアントと普通に会話していても、きちんと条件が整えば、クライアントの認識と行動が変化する支援が行えるというところかなぁ。


 もちろん、言語パターンを研究するのも、日常や仕事の場面でのコミュニケーションで役に立つ本質が含まれているのでやっているわけで、本当はトランスに囚われていても、あまり意味は無いのだよねぇ。


独り言


今日は、「ミルトン・エリクソンの言語パターン(その22)文脈的暗示」について書いておきましょう。

偶発的暗示

文脈的暗示(Contextual Suggestions) は、文字通り文脈や状況を指定して、「未来のある時点で、ある状況になると、特定の行動を取る、あるいは特定の反応が起こることになる」もしくは、「ほんの少し前に、ある状況になったので、丁度今、特定の行動を取った、あるいは特定の反応が起こったところである」と暗示を行うことです。[1]

 また、Wikipediaの「http://en.wikipedia.org/wiki/Suggestibility#Suggestibility_and_hypnosis」によると、暗示の反応として 1)情動的被暗示性、2)身体的被暗示性 3)知性的暗示性に区分されてそれぞれ説明されています。

 それで、実際にエリクソンが使った暗示というのは一見、他愛もないものが多いのですが、ある特定の状況で特定の気持ち、体の反応、行動、イメージといったことを引き起こすことになるため効果的でもあるのでしょう。

l       使用例その1


 "When you reach for a cigaretteyou will see an image of yourself breathing deeply.

(意訳)あなたがタバコに手を伸ばした時、あなた自身が深く呼吸しているイメージを思い浮かべることになるでしょう。



 このパターンは、文脈的暗示が使われて、タバコを手にとると、イメージを思い浮かべるという暗示が行われています。後半の部分の自分が深く呼吸しているところを見ているという表現を考えると、これは以下のリンクで書いた「離見の見」のように、自分が深く呼吸している身体感覚は感じているものの、カメラから見ているような自分の外部の視点から自分が深呼吸しているのを客観的に見ているように、一種のメタ認知を促すような言葉使いになっていることが分かってきます。

  
l       使用例その2


"When you see that irregularly squeezed toothpaste tubeyou will realize just how much you love her and how wonderful it is ."

(意訳)不規則に絞られた歯磨き粉のチューブを見ると、あなたがどれくらい彼女を愛していて、それがどんなに素晴らしいことであるか、を認識することになるでしょう。


 このパターンも文脈的示唆が使われています。それで、この暗示が機能するところを考えると、「不規則に絞られた歯磨き粉のチューブを見る」という状況が発生し、この反応として身体感覚を伴った、「愛している感じ」を感じることになるでしょう。

さらに、この「愛しているという感じ」を感じていることについて「素晴らしいことである」というように一般意味論の Multi Ordinarity[2] の概念のように「気持ちについての気持ち、あるいは知覚についての知覚」というように抽象度を上げた気持ちや知覚を以下で書いた「気付かせる言葉」を使ってその知覚や気持ちメタ認知させるような形式になっているわけです。
 

 このように考えるとエリクソンの言語パターンは「曖昧なことを精密機械のように実行する」というような形式で使う必要があると思わけですが、何れにしても意図を持って非常に精緻に使われているように思ってきます。


 ちなみに、文脈的示唆は、自己催眠で何か忘れ物をしないように、設定すると便利ですよねぇ。例えば、雨の日に出かけて、外出先で傘を傘立てに入れて、帰る時に忘れないように持って帰るようにする、といったことにも簡単に応用できるわけですねぇ。

文献

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿