2012年5月7日月曜日

ブリーフ・セラピー・カンファレンス2012



ミルトン・エリクソンから派生した本流の心理療法家の人たちだから、ミルトン・エリクソンを怪しいと思わない人にとっては、怪しくないと思います、たぶん。(笑)

独り言


今日は、「ブリーフ・セラピー・カンファレンス2012」について書いておきましょう。

ブリーフ・セラピー・カンファレンス2012

短期療法の流派については以下のリンクで書いたわけですが、


今年の12月5日-9日かけて米国カリフォルニア州サンフランシスコで実施されるブリーフ・セラピー・カンファレンスの詳細が決定したようです。


ミルトン・H・エリクソン財団の後援ということもあって、メンバーの顔ぶれを見ると「石を投げれば博士号持ちにあたる」という状況になっていますが、MRIのブリーフ・セラピストからエリクソニアンまで、お馴染みの重鎮先生の名前が並んでいるというところです。

個人的に、日程の都合が付けば参加したいところなのですが、その前に年末の日程を確定させないことには・・・・

(つづく)

文献
N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿