2012年7月23日月曜日

ミルトン・エリクソン&アーネスト・ロッシ三部作(その1)

                                     

ミルトン・エリクソン(1901-1980)にとって晩年の10年は、後に頭角を表す弟子が集った10年と言っても良いでしょう、アーネスト・ロッシ、ジェフリー・ザイク、スティーブン・ギリガン、バンドラー&グリンダー、ビル・オハンロン・・・・・

独り言


今日は、「ミルトン・エリクソン&アーネスト・ロッシ三部作(その1)」について書いておきましょう。

 アーネスト・ロッシ登場

1976年にミルトン・エリクソン&アーネスト・ロッシの三部作の第一作である「Hypnotic Realities[1]が出版されていますが個人的にはかなりエポック・メイキングな著作ではないかと思っています。

 本書は、スタンフォードのヒルガードと研究を行なっていたウィツェンホッファーが前書きを書いていて、当時エリクソンに教えを請うようになったアーネスト・ロッシが師匠であるミルトン・エリクソンの教えを口述しそして疑問点について質問するような形式で本書は進んでいきます。

 もちろん、米amazonの書評を見ると内容は素晴らしいのだけれど後でどこに何が書いてあったのか検索するのが難しいという☆一つのレビューが見つかるのですが、それはそれでご愛嬌というところなのだろうなという感じになっています。

 以下に目次を引用しておきますが、グレゴリー・ベイトソンによって統合失調性の原因仮説として取り出されたダブル・バインド仮説に呼応するような形式で、その治療プロセスとして治癒的ダブル・バインドのパターンが既に取り出されているというのも面白いところでしょう。


 また、ユーティライゼーション、スプリット&リンキングやリカピテュレーションによるトランス誘導、種々の暗示の手法など主だった技法が紹介されていることになります。


Foreword by Andre M. Weitzenhoffer
Introduction

ONE A Conversational Induction: The Early Learning Set
Observation and Erickson's Basic Approach
The Conscious and Unconscious in Clinical Hypnosis
The Utilization Theory of Hypnotic Suggestion
Truisms Utilizing Mental Mechanisms
Truisms Utilizing Time
Not Doing, Not Knowing

TWO Indirect Induction by Recapitulation
The "Yes Set"
Psychological Implication
The Bind and Double Bind Question
The Time Bind and Double Bind
The Conscious-Unconscious Double Bind
The Double-Dissociation Double Bind
A General Hypothesis About Evoking Hypnotic Phenomena
Reverse Set Double Bind
The Non Sequitur Double Bind
Contrasting the Therapeutic and Schizogenic Double Bind
Unconscious and Metacommunication
Open-Ended Suggestion
Suggestions Covering All Possibilities of a Class of Responses
Ideomotor Signaling

THREE The Handshake Induction
Confusion in the Dynamics of Trance Induction
Dynamics of the Handshake Induction
The Handshake Induction
Compound Suggestions
The Paradigms of Acceptance Set, Reinforcement or Symbolic Logic
Compound Statements
The Paradigms of Shock and Creative Moments
Contingent Suggestions and Associational Networks
Multiple Tasks and Serial Suggestions

FOUR Mutual Trance Induction
The Surprise
The Confusion-Restructuring Approach
Therapeutic Trance as a State of Active Unconscious Learning

FIVE Trance Learning by Association
The Implied Directive
Questions that Focus, Suggest and Reinforce
Questions for Indirect Trance Induction
The Fragmentary Development of Trance
Depotentiating Conscious Mental Sets: Confusion, Mental Flux, and Creativity

SIX Facilitating Hypnotic Learning
Displacing and Discharging Resistance
Multiple Levels of Communication: Analogy, Puns, Metaphor, Jokes, Folk Language
The Microdynamics of Suggestion

SEVEN Indirectly Conditioned Eye Closure Induction
Trance Training and Utilization
The Dynamics of Indirect and Direct Suggestion
Indirect Conditioning of Trance
Voice Dynamics in Trance
Intercontextual Cues and Suggestions
Right- and Left-Hemispheric Functioning in Trance

EIGHT Infinite Patterns of Learning: A Two-Year Follow-Up
Infinite Possibilities of Creativity, Healing, and Learning

NINE Summary
The Nature of Therapeutic Trance
Trance Viewed as Inner Directed States
Trance Viewed as a Highly Motivated State
Trance Viewed as Active Unconscious Learning
Trance Viewed as an Altered State of Functioning
The Subjective Experience of Trance
Clinical Approaches to Hypnotic Induction
Orientation to Hypnotic Induction
Approaches to Hypnotic Induction
Depotentiating Habitual Frames of Reference
Indicators of Trance Development
Ratifying Trance
The Forms of Hypnotic Suggestion
The Nature of Hypnotic Suggestion
Indirect Approaches to Hypnotic Suggestion
Structuring an Acceptance Set
Utilizing the Patient's Associative Structure and Mental Skills
The Facilitation of Human Potentials
REFERENCES


余談ですが、1975年にはバンドラー&グリンダーの「Patterns of Hypnotic Techniques of Milton Erickson , M.D. volume1(邦訳ミルトン・エリクソンの催眠テクニック 言語パターン」[2][3]が出版されており、このあたりは今のへんてこなNLPと違って学問的にまだまともな頃なのでここで使われている統語論からロッシの著作を読んでみるのも面白いと思います。


(つづく)

 文献
[3] http://www.amazon.co.jp/dp/4393361237/


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿