2012年7月25日水曜日

ミルトン・エリクソン&アーネスト・ロッシ三部作(その3)

                                     

1970年台ミルトン・エリクソンがアーネスト・ロッシに色々なことを教授していた時、エリクソンが70歳代、アーネスト・ロッシが40歳前後・・・・晩年のエリクソンがロッシに託したものは何だったのでしょう?

独り言


今日は、「ミルトン・エリクソン&アーネスト・ロッシ三部作(その3)」について書いておきましょう。


 エリクソンとロッシの問答がいったん完結

1981年にミルトン・エリクソン&アーネスト・ロッシの三部作の第三作である「Experiencing Hypnosis [1]が出版されています。

1980年にミルトン・エリクソンが亡くなってしまっているためある意味最高のデュオはこれで解消。

これ以降に発表されるアーネスト・ロッシの著作には、エリクソンはスターウォーズのオビ=ワンのように時たま「May the Force be with you (フォースとともに有らんことを)」の代りに「ユーティライズ」を行え、というような形式で生前のエリクソンの引用というような形式でのみ登場することになります。

それで、本書の目次を引用しておくと、主に、間接アプローチ、カタレプシー、観念運動[2]について、そして懐疑的な心で試してみる実験という形式になっています。


Introduction
I. The Indirect Approaches to Hypnosis
a. Hypnosis in Psychiatry: The Ocean Monarch Lecture
b. Utilization Approaches to Indirect Communication
1. Language and the Art of Suggestion
2. Multiple Levels of Communication in Hypnosis
3. Internal Responses as the Essence of Suggestion
4. Indirect Communication in the Ocean Monarch Lecture

II. Catalepsy in Hypnotic Induction and Therapy
a. Catalepsy in Historical Perspective
b. Recognizing Spontaneous Catalepsy
c. Facilitating Catalepsy
d. Utilizing Catalepsy
e. Summary
f. Exercises with Catalepsy

Demonstration in the Use of Catalepsy in Hypnotic Induction: Hand Levitation in a Blind Subject
III. Ideomotor Signaling in Hypnotic Induction and Therapy
a. Ideomotor Movements and Signaling in Historical Perspective
b. Recognizing Spontaneous Ideomotor Signaling
c. Facilitating Ideomotor Signaling
d. Facilitating Ideosensory Signaling
e. Utilizing Ideomotor Signaling
f. Summary
g. Exercises in Ideomotor Signaling

An Audio-Visual Demonstration of Ideomotor Movements and Catalepsy: The Reverse Set to Facilitate Hypnotic Induction

IV. The Experiential Learning of Trance by the Skeptical Mind

Session One: The Experiential Learning of Minimal Manifestations of Trance
Session Two: The Experiential Learning of Hypnotic Phenomena
1. Dissociation and the Modern Experiential Approach to Altered States
2. Learning Indirect Communication: Frames of Reference, Metalevels, and Psychotherapy


それで、ロッシ・エリクソンの三部作はミルトン・エリクソンを理解する上では必須の著作となっていると思いますが、ある意味ここが出発点になってくるということなのでしょう。

(つづく)

 文献

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿