2012年7月28日土曜日

追悼:ジョージ・ミラー博士

                                     

道なき道を拓いた認知心理学のパイオニアがいなくなるのは寂しいですねぇ。

独り言


今日は、「追悼:ジョージ・ミラー博士」について書いておきましょう。

認知心理学の創始者のひとり、ミラー博士が永眠

論文を読んだことがなくても、意識で同時に認識できる情報のチャンク・サイズが7±2だということはご存知の方も多いでしょう。

 以下のリンクで1956年に発表された「Magical Number seven minus or plus two」の著者であり、ユージン・グランター、カール・プリブラムらと認知心理学の創始者とみなされ、多くの業績を残した、ジョージ・ミラー博士が7月22日に92歳で永眠されたことを伝えています。


(つづく)

 文献
N/A
記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿