2012年7月18日水曜日

ミルトン・エリクソンの「 Early Learning Set」インダクション

                                     

古典のスクリプトを読んでも何かしっくりこないのですが、ミルトン・エリクソンのほうは何かこう直観的に来るものがあるのですよねぇ、何かありがたい念仏を読んでいるような・・・(笑)

独り言


今日は、「ミルトン・エリクソンの『Early Learning Set』インダクション」について書いておきましょう。

 Early Learning Set のパターンを途中まで・・・

今日は、ミルトン・エリクソンのトランス・インダクションの定番である「Early Learning Set 」インダクションについて書いておきましょう。

個人的には、このパターンは、否定を繰り返しながら本質に迫っていくナーガルジュナの「中論」[1]を読んでいるようにも思えるわけですが、エリクソン独特の話法、ここでは、否定文つまり、Conscious /Unconsciousスプリットのパターンを理解してしまえば何か本質が分かったような気分にはなれるわけです。 それで、このパターンは心理療法という枠組みに留まらず、日常生活から仕事の場面まで非常に応用範囲の広いパターンだと考えています。

 もちろん、逆の言い方をすると、心理療法に限らず、このあたりの(トランス)ロジックを理解しないでたんに復唱しているだけだと、文字通り意味不明の念仏を唱えているということになってしまうのだと思います。

それで、まず、実際にどのように活用されているのか?は以下のリンク先にリンクした映像で確認していただければ良いでしょう。


また、実際の「Early Learning Set」は、その名前の通りに、幼少のころ学校に登校して始めてアルファベットを習った時を想像し、その文字のイメージを活用したインダクションになりますが、この元ネタはエリクソン&ロッシの「Hypnotic Realities [2]に収録されているので興味のある方はこちらを確認していただければと思います。

 ここでは最初の部分だけを書いておきますが、アルファベットを思い出す部分のスクリプトは以下のリンクでご確認ください。結構、怪しいそうなサイトですが、この引用元は、「Hypnotic Realties」を孫引きした「Ericksonian Approaches[3]となっています。



トランスクリプト/訳(訳は適当)
解説
Will you sit back in your chair with your feet flat on the floor and your hands on your thighs?

足を床の上にまっすぐに伸ばして椅子に腰掛け、そしてあなたの両手を太ももの上においてもらってもいいですか?

命令を疑問文の形式にした丁寧な表現。
Now I want you to know that you don't need to talk. And you don't need to move. And you don't even need to listen to my voice because your unconscious mind can hear me.

 まさに今、私はあなたに、あなたが何かを語る必要がないことを知って欲しいのです。そして、あなたは動く必要もありません。そして、あなたは私の声すら聴く必要はありません、その理由はあなたの無意識が私の声を聴くことができるからです。

Now はイディオム
know は気づかせる言葉
dont need to は否定形を伴った様相演算子で Conscious/Unconsciousスプリットのパターン、つまり意識では必要ないけれど、無意識ではそれが必要だと分かっている。 
For your unconscious mind really doesn't have anything of importance to do, because the important thing is the listening by your unconscious mind.

あなたの無意識からすると、行わなければならない何か重要なことを本当は持っていません、その理由は、重要なことは、あなたの無意識によって聴かれることだからです。


※否定文は言葉にのみ存在し、経験には存在しない。

あなたの意識は「無意識は行わなければならない重要なことを本当は持っていない」と考えている。しかし、無意識は「行わなければならない重要なことを持っている」ことが分かっている。そして重要なことは、無意識の声を意識から聴くことである。
Now, there are certain changes taking place of which you are unaware.
                                              
まさに今、あなたの気づかないところである種の変化が起こりつつあります。

以下の文の前提
Already your breathing has changed.

すでにあなたの呼吸が変化しました。

呼吸に五感の注意を向ける
Your respiration has slowed down, and your heart rate has slowed.

あなたの呼吸がゆっくりになって、そしてあなたの心臓の鼓動がゆっくりになりました。

呼吸と心臓の鼓動に注意を向けて、呼吸がゆっくり、心臓の鼓動がゆっくりになっていることを確認してもらう。
Now, I'm just going to talk to you.

今まさに、私はあなたに話しかけようとしています。



それで、エリクソンの話法は一見意味不明のように思えるわけですが、実際にはトランス・ロジックとでも言えるロジックを機能させるために、非常に緻密に「曖昧」に語られていることが分かってくると思います。

(つづく)


 文献

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿