2012年9月10日月曜日

ソリューション・フォーカスベースのコーチング

         

コンサルタントとかきちんとやっていないと、案外、問題の特定とか課題の設定とか難しいのだよねぇ。

もちろん、コーチングのコンテクストでクライアントが自分で問題といっていることだけで、「あぁ、それが問題ですねぇ」と言っているようじゃいつまでたっても本質的な問題というところにはリーチできないのでしょうけれどねぇ(笑)。

独り言


今日は、「ソリューション・フォーカスベースのコーチング」について書いておきましょう。

ソリューション・フォーカスベースのコーチングのプロセス

今日は手短に。

以下のリンクにソリューション・フォーカスベースのコーチングのプロセスが書かれているわけですが、


1.      問題の同定
2.      ゴールの選択
3.      代案の構築
4.      結果の検討
5.      意思決定
6.      実行
7.      評価

のように英語の頭文字を取ると PRACTICE となるモデルで、それぞれのプロセスに対応した質問がマッピングされているのが面白いところだと思います。

 個人的に特に面白いなと思ったのは、1.の Problem Identification というところ。基本的には、「その何が問題なのですか?」というような質問で、今起こっている問題のどこが問題なのか?を定義するところから始まるわけですが、ポイントは、この質問は問題観察して記述しているというところで、ここで原因分析をしているわけではないところなのでしょう。

 もちろん、認識主体が認識している問題は、単なる問題の現象でしかないことも多いわけで、普通はこれを手がかりに心理療法だと内的な認識の枠組み自体を見つけてこれに対処する必要があるわけでしょうし、外的世界の問題解決だとこの枠組のことも考えながらどのように解決策を実行するのか?を考えていくことになるのだと思います。

 その意味では1)認知のレベルで二項対立を使って枠組みを超えるか?2)経験を知覚に戻して枠組みを超えるのか?しないといけないということになってきます。


追記:ソリューション・フォーカスト・アプローチの質問の流れ(ざっくり)
https://docs.google.com/open?id=0B08_fMDft6NpcGxDVEFXVU5QSVE


 (つづく)

文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


0 件のコメント:

コメントを投稿