2012年9月30日日曜日

オントロジカル・コーチングとトリプル・ループ学習


                                     

トリプル・ループは自己自体を変容させることで新しいことを学習するというレベルになるので、少々哲学的に「自己とは何ぞや?」みたいな問を立てると、やっぱりオートポイエシス論を使って自己のモデルを組み立てるのがやっぱり格好が良いのだよねぇ。(笑)

独り言


今日は、「オントロジカル・コーチングとトリプル・ループ学習」について書いておきましょう。

 トリプル・ループ学習をオントロジカル・コーチングで実装したら

シングル・ループ、ダブル・ループ、トリプル・ループ学習のそれぞれの定義については以下に書いたわけですが、


実際にこれをどのように実装すれば良いのか?について個人的にはこれを、オントロジカル・コーチング、Theory U 、エリクソニアン・アプローチ等で行えば良いのだろうなと考えてこれを探求中だというわけです。

それで以下のリンクのエッセーにオントロジカル・コーチングで持ってトリプル・ループ学習を行ったらどのようなプロセスになるのか?について示されているのが以下になります。


(訳は適当)
ステージ
ステップ
鍵となるアクション
意識の目覚め
止揚
前提を保留する
再構築
リダイレクション

意図/惹きつける

破壊と創造
当初のゴールから遠ざかる

ビジョンの生成

古い前提の破棄と新しい前提の再構築
センタリング
コネクション
ビジョンそのものになる

このプロセスを参照すると古い前提をヒックリ返して新しい前提を構築するというところが心理療法で言うところのリフレーミングというところに該当することになるように思ってきますが、大枠のメタ・レベルのプロセスを見ると、Theory Uやエリクソニアン・アプローチとほとんど変わらないようにも思ってきます。

(つづく)

 文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿