2012年9月9日日曜日

エリクソニアンの再帰的介入モデル


         

くどくど説明しなくても直感的に理解できるモデルは良いモデルなのでしょうねぇ。

独り言


今日は、「エリクソニアンの再帰的介入モデル」について書いておきましょう。

エリクソニアンの介入のモデル

今日は手短に。

エリクソニアンのスティーブ・ランクトンの著作を読んでいたら出てきたモデル。


要は、変化が起こるまで再帰的に繰り返し繰り返す介入を行うようなモデルになっているわけですが、個人的には非常によくまとまっているなぁと思った次第。


 (つづく)

文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


0 件のコメント:

コメントを投稿