2012年11月6日火曜日

今日から使えるソリューション・フォーカス技法(番外編2)最小限の技法は?


                                     

 ソリューション・フォーカスト・アプローチとして成立する必要最低限の技法は何か?は非常に興味深いテーマだと思います。

 これは、絵の具の色がやたらあったからといって上手い絵が描けるわけでもないということでもあるのですが、言い換えると基本的な色があればあとは適当に混ぜればいくつもの色が出せるし、それで上手い絵が描けるということになってきます。

 では、上手な絵が描ける最低限の道具は何か?と考えると非常に面白いテーマだと考えているわけです。

 独り言


今日は、「今日から使えるソリューション・フォーカス技法(番外編2)最小限の技法」について書いておきましょう。

 ソリューション・フォーカスト・アプローチのミニマム・セット

法人向けの教育事業に携わったことのある方にはお馴染みかもしれませんが、何らかの方法論を普及させるために、ボトルネックとなる典型的なパターンは、「教育に時間がかかる」、かつ「受講候補生が忙しすぎてトレーニングに出席する時間がない」ということがあります。

もちろん、ソリューション・フォーカスト・アプローチを普及させる場合を考えてもこれは例外とはならないでしょう。

一般的に教育というのは効果が出るまでにある程度の時間がかかるものであり、何か単発のトレーニングを受講したからといってその科目だけの投資対効果を計算してもあまりにも局所的で意味がないということもあるでしょう。しかし、だからといってどれだけ時間とコストがかかっても良いということになりません。

そこで、エビデンス・ベースドで検証されていて、人の認識や行動に変化をもたらすために必要最小限、学ぶ必要のある項目は何か?後はその項目を組み合わせ実際の場面に適用するとして、その項目を上げるということは非常に意味があることだと思われます。
 そこで、個人的に面白いなと思ったのが以下のリンクにある、カナダの事例で、かかりつけの内科医にカウンセリングの方法論としてソリューション・フォーカスト・アプローチを学んでもらうとしたら最低限どの項目を学んでもらうと良いのか?について書かれている論文です。
 

内容的には、

·        ソリューション・フォーカスト・アプローチの前提
·        ミラクル・クエスチョン
·        エクセプション・クエスチョン
·        コーピング・クエスチョン
·        スケーリング・クエスチョン
·        タイム・アウト(中休みと終了時間の設定方法)
·        賞賛(他者からのコンプリメントとクライアント自身によるコンプリメント)
·        タスク(次回セッションまでの宿題、自分自身の観察の記録や作業が含まれる)

となります。

このフレームワークであれば、当然、傾聴やコンプリメントなどは多少練習するとして、質問は4つの質問の組み合わせとなりますし、マスターしなければならない項目は極端に絞りこまれているため学習と活用という面から見た場合には非常に有効な感じがしてきます。

もちろん、ここでは細かい小技を追求していくときりがないのですが、論文にはかかりつけの内科医を対象としており、その医師たちは、既に受け持っている家族とはある程度、ラポールが出来ているのでしょうし、非常に忙しいわけでしょうから、このような条件の中でも十分学習可能なところに絞りこまれているということになるのでしょう。

その意見、実際に使ってもらうためには、(前提までいれて8、基本は7つ)この8項目で十分なのだろうなとも思ったわけです。もちろん、ミルトン・エリクソンの暗黙知をどのように形式知化しようか?と考えるといくつでもフレームワークやツールを取り出してくることができるように思うわけですが、あくまでもミニマリスト的な発想を忘れて技のてんこ盛りみたいになっちゃうのが私のいつものパターンなので、これはこれで素晴らしいやり方だよねと思っているわけです。そのようなわけで、これで、エレベーター・ピッチのプレゼンテーションをつくっておこうかなぁ(笑)。

(つづく)

 文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿