2013年1月15日火曜日

カール・ロジャーズとミルトン・エリクソン

                                  

 人と人との違いや相違点を認識するというのはある意味メタファーとして関係性を見つけ出していることでしかありませんねぇ~

 もちろん、AさんとBさんの言葉遣いや振舞いが似ているというような表層の関係性としてのホモ・モルフィックなメタファーを見つけるのか? AさんとBさんに共通する理念とか信念のような本質的な関係性としてのアイソモルフィックなメタファーを見つけるのか?の違いはあるのでしょうけれどもねぇ。

 その意味では心理療法家のカール・ロジャーズとミルトン・エリクソンの技法を超えた理念、みたいなものを見つけるとしたら、それは何なのでしょうかねぇ?(笑)

独り言


今日は、「カール・ロジャーズとミルトン・エリクソン」について書いておきましょう。

表層の関係性と深層の関係性

 ネットにころがっていた「Erickson and Rogers:The Differences Do make a Difference[1]というタイトルの心理療法家のカール・ロジャーズとミルトン・エリクソンの違いについて書かれているエッセーを読んでみたわけですが、心理療法家の巨人として2人の人物が居たという事実以外に、個人的にはこれが分かったような、分からないような不思議な気分になっているところ、というわけです。

 ミルトン・エリクソンは1980年に亡くなってしまうわけですが、生前、エリクソンの弟子のジェフリー・ザイクが中心になって設立されたミルトン・H・エリクソン財団によってその遺志が受け継がれることになります。

 その後1985年にミルトン・H・エリクソン財団の後援によって学派横断を志向した「Evolution of Psychotherapy [2]の第一回カンファレンスが開催され、その時にキーノート・スピーチを行ったのがカール・ロジャーズで Youtubeにもこの時の映像がアップロードされています。



 さて、本題に戻りましょう、スポーツなどである人のスタイルを比較するためには何らかの枠組で比較することができます。

 例えば、100m走の選手として誰と誰はどっちが速く走れるのか?とか野球の打者として誰と誰の違いは、打率はどちらが上なのか?あるいはよりホームランを打ったのはどちらか?というように定量的な数値で比較することが出来ればある意味非常に単純な話になります。

 しかし、上のエッセーのようにロジャーズとエリクソンのスタイルを比較しようと思うと、ある意味「松井と貴乃花はどっちが凄かったのか?」的な比較になってしまい、同じ心理療法と言ってもある意味同じ土俵で比較できないというような構図になってくるように思います。

 もちろん、人類学者のベイトソンが「 A difference that makes a difference. 」といったように認識主体から見た2つの要素の一つの違いから情報が生まれることを考えると、何らかの枠組を持った認識主体がロジャーズとエリクソンを比較するとそこに何らかの情報が生まれるということにもなってきます。

 もちろん、この著者の方も実際に動いているロジャーズとエリクソンの両方をリアルタイムで比較したわけではないのでしょうから、そこは文献なりから推測できる2人の心理療法家の共通点や相違点をまとめてあるに過ぎないわけですが、冒頭でも述べたように2人の間にどのような関係性を見出すのかは単なるメタファーでしかないのだろうなと思っているわけです。その意味細かい技法の共通点というのではなく、クライアントと向き合う時どのような信念を持っていたのか?というようなところを推測したほうが何らかの学びが得られるということになってくるように思ってきます。

 それで、余談ですが、4年に1回実施されている心理療法家のオリンピックみたいな位置づけになっている「Evolution of Psychotherapy」が今年の1211-14日にカリフォルニア州のアナハイムで開催される予定になっています。


 キーノート・スピーカー(予定)は、認知療法のアーロン・ベック、ノーベル生理学賞受賞者のジェラルド・エデルマン、ポジティブ心理学のマーティン・セリグマン、女性活動家のグロリア・スタイネム、精神科医のアーヴィン・ヤーロムとなっているようです。

 個人的には予定が合えば参加したいなと思っているところなのです。もちろん、単に紹介しているだけでステマではありませんよ(笑)。

(つづく)

 文献
[1]http://www.iasde.com.ar/moodle/file.php/1/Carl_Rogers_-_The_Differences_Do_Make_A_Difference_-_Comparison_With_Milton_Erickson.pd 
[2]http://www.amazon.com/Evolution-Psychotherapy-1st-Conference/dp/0876304404 

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿