2013年1月29日火曜日

ソリューション・フォーカスト・プロジェクト・マネジメント

                                  

 IBMに買収されたラショナル・ソフトウェア社のプログラム開発手法の一つであるRUPのファシリテーションで家族療法家のヴァージニア・サティアの技法が使われていたけれど、アジャイルだと心理療法家のミルトン・エリクソン流のファシリテーションでやるのが無茶苦茶相性が良いですねぇ。ある意味、信念は曲げないけれどやり方にはこだわらない「戦略的行き当たりばったり」ですからねぇ(笑)。

 独り言


今日は、「ソリューション・フォーカスト・プロジェクト・マネジメント」について書いておきましょう。

ソリューション・フォーカスト・プロジェクト・マネジメント(SFPM)

 昨日書いた吉田松陰先生の言葉ではないのですが、夢を実現していくには、思い描いたことを行動に落として、外的環境や人間関係などを考慮しながらプロジェクトのタスクとして行動を継続していくことが何より重要だと思ってきます。

 それで、普段このブログではソリューション・フォーカスト・アプローチについて書いているわけですが、このアプローチをプロジェクト・マネジメントのコンテクストで活用したらどうなるのか?というのは個人的なテーマでもあるわけです。

 元々心理療法から派生したソリューション・フォーカスト・アプローチがビジネス・マネジメントなどの分野において活用され始めたのはここ10年くらいではないかと思います。それで、情報が世界を行き来するような時代に生きていると、世界の誰かが自分と同じことを考え、そしてそのアイディアを仕事や日常生活に実践しているようなことがあるわけですが、「SFPM Compilation of PM Interviews[1]を読むと、世界のどこかには自分とまったく同じことを考えている人がいるなぁと思って微笑ましく思ってくることになるわけです。

 この中では卓越したプロジェクト・マネージャーにインタビューを行なっているような格好になっていますが、多少自分なりに行間を読んで簡単にまとめておくと。

 プロジェクトでソリューション・フォーカスト・アプローチを使った場合、何か良くなることはある?の問に。

 1つめは、ソリューション・フォーカスト・アプローチは認識や行動のやり方ではなくプロセスに焦点を当てた、ある意味メタ方法であるので、既存の方法論を活かす形式で併用できること。

 2つめは、アジャイル開発の方法論であるスクラムの方法論などと併用すると日々の進歩が確認できること。

 3つめは、ゴール設定や計画の段階で、明示的なゴールやそこに至るまでの道筋を思い描くことで、良い段取り、ができること。

 4つめは、例えば、品質管理のフェーズで、何が悪い?なぜ悪い?のように問題に焦点を当てないで、どのように解決する?品質をあげるためには何をしたらよい?のようなマインドセットを持つことができること。

 5つめは、パフォーマンス・レビューなど(定量化が難しいところ)で活用できること。

 などが書かれています。個人的にはアジャイル開発のように動くものをどんどんつくっていくような場面ではソリューション・フォーカスト・アプローチが非常に有効のようにも思えてきますが、たとえそれが都合の悪いことだったとしても資源・資質として徹底的に利用するという心理療法家のミルトン・エリクソンの思想は実はアジャイルと無茶苦茶相性が良い感じがしますねぇ。もちろん、エリクソンは密教的だし、学ぶのに10年単位の時間がかかるのでその流れを組むソリューション・フォーカスト・アプローチということになるのでしょうけれども・・・・・・

 それで余談ですが、昔マイクロソフト関係のジョークとして「都合の悪いことは仕様と言いはれ」とういうのがあったことを思い出したところでもあるわけですが・・・これもある意味カタチを変えたミルトン・エリクソンのユーティライゼーションですねぇ。(笑)もちろん、最近は顧客との相互方向のコミュニケーションを生かしてどのように顧客の望むものをつくっていくのかがアジャイルなどのテーマでもあるように思います。

(参考)
家族療法家のヴァージニア・サティアの知見を含む旧ラショナル・ソフトウェア社のファシリテーションの資料のリンクは以下で、(振り返りあたりに注目してください。)

http://www.ibm.com/developerworks/rational/library/content/RationalEdge/apr03/TeamRetrospectivesAppendix_TheRationalEdge_Apr2003.pdf
 
(つづく)

 文献
[1]http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:zsNHduImsiIJ:frymonkeys.com/wp-content/uploads/2011/09/SFPM-Compilation-of-PM-Interviews-v-1.0.docx+&hl=ja&gl=jp


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com


0 件のコメント:

コメントを投稿