2013年6月1日土曜日

ミルトン・エリクソンの系譜:ジェフリー・ザイク博士

                               

 これは良いインタビューだなぁ~

独り言


科学か?芸術か?

 エリクソニアンを代表する心理療法家のお一人である、ジェフリー・ザイク博士のごく最近のインタビューが Youtube で公開されていたのでご紹介しておきましょう。撮影された所はモスクワのようですが、短い時間ながらかなり深い内容のようにも思えてきます。

  
 特に、ザイク博士の思いとしては、「エリクソニアン・アプローチを閉鎖的で特異な学派とするのではなく、より一般的な技法として心理療法のメインストリームに統合してもらうこと」と語っているあたりが非常に素晴らしい感じがしています。

 さて、「Hypnosis in Australia [1]に掲載されているザイク博士のキーノート・スピーチを拝読したり、米国 California Southern University で教鞭を取っておられることからすると「いかにして後身の心理療法家を育成するか?」のように最近は後身の育成に尽力しておられるようにも思ってきます。

 もちろん、このあたりのテーマは個人的なテーマである「仕事などの場面で、なぜか分からないけれど卓越性を発揮している人財と同じような暗黙知を持つ別の人財をどのように育てるのか?」共通点も多いわけですが、例えば、優秀な経営者、CIO、コンサルタント、営業など同様の能力を持つ後身をどのように育てるのか?と問いを立てると、暗黙知てんこ盛りの卓越した心理療法家の後身をどのように育てるのか?とまったく同じところに行き着くように思ってきます。 

(つづく)

文献
[1]http://www.hypnosisaustralia.org.au/wp-content/uploads/Hypnosis%20in%20AustraliaNOV97.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com







0 件のコメント:

コメントを投稿