2013年9月19日木曜日

コンセプチャル・マッピング



 わたしたちは、普段、「夢」だの「正義」だの「愛情」だのという、いわゆる概念を普通に話していて、相手とのコミュニケーションの中でなんとなくわかりあえている感じがしているわけです。

しかし、同じ言葉で表現される概念について、相手が持っている概念と自分が持っている概念がそれなりに一致しているのか?実は結構怪しいところがあるなぁ・・・・・と思っているわけですが・・・・・そのきっかけは、某ITのプロジェクトで Semantics Web の導入をやった時にオントロジー工学についてあれこれ勉強したことだったりするわけです・・・・・(笑)。

 独り言


概念をどのように表現するのか?

今日は、手短に、

 「CONCEPTUAL MAPPING[1] というインドの人が書いたプレゼン資料を読んでいたわけですが、これが面白かったのでリンクしておくことにしましょう。

  
(つづく)

文献
[1]http://geodesy.gd.itb.ac.id/hzabidin/wp-content/uploads/2007/10/conceptual-mapping.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com







0 件のコメント:

コメントを投稿