2013年10月17日木曜日

ビジネス思考とイノベーティブ思考の違い



ビジネス思考っていうと大前研一チックな感じで、イノベーティブ思考というとスティブ・ジョブズな感じ・・・・どっちも上司になると死ぬほど苦労する感じはするのですが、思考的には明らかに違いがありますよねぇ。

もちろん、これからは「どちらか」ではなく「どっちも」って感じはしているわけですが・・・・・・

 独り言


ビジネス思考とイノベーティブ思考の違い

Becoming a Leader who fosters innovation [1](イノベーションを育てるリーダーになる)というドキュメントを読んでいて非常に面白いなぁ・・・と思ったところがあったのでちょっとメモしておきます。

このドキュメントは文字通りハイテク企業などで「どのようにしたらイノベーションを育てられるリーダーになれるのか?」を主眼に書かれているわけですが、やはり、通常のビジネス思考とイノベーションを育てるイノベーティブ思考とはかなりの違いがあることがわかってきます。

通常、会社などに所属して仕事をしていると左側のビジネス思考になってきて、(研究所に勤務しているといった特別な場合を除けば)状況を考えずに左側のイノベーティブ思考をやり始めると単なる変人あつかいということになってくるように思います。(そもそも、お役所なんかと仕事をすると原則、前例主義ですし(笑))。

ビジネス思考
イノベーティブ思考
論理的
直感的
帰納法/演繹法
アブダクション
前に進むこと要求する思考
What-if 思考
前例を探す
過去に囚われない
即断即決
複数の可能性を保持しておく
正誤、白黒はっきりさせる
Better Way を行く
曖昧さを不快と思う
曖昧さを楽しむ
結果を望む
意味のあることを望む

もちろん、左のビジネス思考ばっかりやっていると、一見できるビジネスパーソンを装って格好よく仕事ができる振りはできるのでしょうけれども、実際にはつまらない発想しかできなくなってしまうようにも思うわけです。

 個人的には特にプロジェクト・マネジメントのコンテクストにおいて、一般的には左側のようにプロジェクトの立ち上げ時において、スコープやブレイク・ダウンされたタスクが完全に決まっていればこれほど楽なことはないのですが、この段階で物事を完全に決めて、それを固定化してプロジェクトをすすめることは将来の選択肢や可能性を放棄しているということとも同意になり、状況によって悩ましい場合もあるという具合です。

 もちろん、表の右側を意識すれば、アジャイル開発のようにプロジェクトを進めながらスコープが変わる可能性に対応する方法や、リーン開発のように最初からいくつかの可能性を並行してすすめる方法などもあり、このあたりをどう選ぶのか?というのも興味のあるところではあるわけです。

 もちろん、二元論的に「どっち」ということ自体がビジネス思考にもなってくるわけで、ここではやはり曖昧さを楽しみ、いつも複数の可能性を残しておくという意味ではイノベーティブ思考を行いつつ、自分の職場に必要に応じてイノベーティブ思考のできる人間を増やしたらどうなるのか?と考えると非常に面白いことになるようにも思ってくるわけです。

まぁ、実際にはイノベーティブ思考に併せて何らかのプロセスとかツールとかを導入することになるのでしょうけれども・・・・イノベーションの確率はロジカルに上げていけるものだと、個人的には考えています。
(参考)
http://ori-japan.blogspot.jp/2012/07/blog-post_17.html

(つづく)

文献
[1]http://www.ccl.org/leadership/pdf/research/BecomingLeaderFostersInnovation.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com






0 件のコメント:

コメントを投稿