2013年11月15日金曜日

今年のレビュー



 そろそろ年末も近づいてきたわけですが、今年はどんな年だったのか?レビューをして来年のことを考える時期になってきましたねぇ。

ひとり言


今年のレビュー

個人的に今年のレビューとしてまずは、以下のようなマトリックの質問をやってみて大まかなパターンを把握しようと考えています。

·     意図して実行したのに望まない結果になってしまったこと





※プロセス/枠組みの見直し

·   意図して実行して望む結果が得られたこと







※その調子(但しリスクに注意)
·     意図して実行していないのに望まない結果になってしまったこと





※悪い中にも良いかったことの発見
·   意図して実行していないのに望む結果が得られたこと






※タナボタ(但しリスクに注意)



それで、実際には個別の課題の分析をするよりも、システム思考的に大きなパターンを見るということを重視しているわけですが、これをもとに、来年の方針として、左側のパターンを捨てて、右側のパターンを強化していくような感じになっていくのだと思うわけです。

で、本当のところは、意図せず起こった(望まない、望んでいる)偶発的な出来事を自分の認識や行動を変化させ、創発的なゴールの達成ためにどのように利用(ユーティライズ)していくのか?が鍵になってくるようにも思ってくるわけです。

そう考えると、今年の締めくくりとして一番大事な質問は「偶発的に起こった(望まない、望んでいる)出来事をどのように有効活用しましたか?」のようにも思ってくるわけです。

 http://ori-japan.blogspot.jp/2013/02/blog-post_16.html
http://ori-japan.blogspot.jp/2013/02/blog-post_15.html
http://ori-japan.blogspot.jp/2012/01/blog-post_03.html

(参考)
http://ori-japan.blogspot.jp/2013/10/blog-post_16.html

(つづく)

文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com




0 件のコメント:

コメントを投稿