2013年11月16日土曜日

ソリューション・フォーカスト・アプローチの20の技法



 今年は、MRI的などん詰まりの原因のパターンを特定してそれを崩していくアプローチと、SFAのように理想を考えてそこに近づく解決策にフォーカスするアプローチの使い分けが随分分かってきたなぁと思います。

ひとり言


ソリューション・フォーカスト・アプローチの20の技法

今日は手短に。Youtubeに「20 Solution-Focused Techniques」というタイトルのソリューション・フォーカスト・アプローチの技法が20簡潔に説明されている映像があったのでこれをご紹介しておきましょう。



もちろん、個人的には、この裏にどんなシステム論的な意味があるのか?とか元になっている心理療法家のミルトン・エリクソンの技法だとどれに該当するのか?とか、色々考えることはあるのですが、まずはこれを視聴して色々試してみるのも悪くないように思えてくるわけです。
(つづく)

文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com




0 件のコメント:

コメントを投稿