2013年12月26日木曜日

2013年の振り返り



  2013年も年末に差し掛かっていますが今年の出来事のまとめをするにはよい時期ですねぇ。それで、個人的に重要だと思っているのは以下の質問です。

   今年達成できたことは何ですか?できなかったこと何ですか?
   来年達成したいことは何ですか?現状は?そのギャップはどれくらい?
   今年起こった出来事、経験など、たとえそれが自分に不都合なものだったとしても、ゴールの達成に役立ちそうなものは何ですか?
   それをギャップを埋めるために具体的にどのように役立てていきますか?

ひとり言


2013年の振り返り

 年末を迎え、今年一年をふり返るにはとてもよい時期になってきたと思います。

 それで、何かを達成できたこともあれば、来年以降に達成が持ち越されたこともあるでしょう。

 で、個人的には以下のリンクで書いた枠組みで今年一年を振り返ってみようと思っているわけですが、特に重要だと考えているのが3つ目のバックトラックの枠組みです。


フレーム(枠組み)
手順
アウトカム・フレーム
理想のゴールを描く
コントラストを付ける
「現状と望ましい姿(ありたい姿)の違いは何でしょうか?」
エビデンス
「望ましい状態に近づいていっているというのは具体的にどのようにして分かりますか?」
AS-IF フレーム
ゴールや望ましい状況を既に達成しているとしてらどのように振る舞うのか?(たら、れば、で考える)
ゴールまでの道筋を見つける
「望ましい状態に至るまでどのようなステップを取れば良いでしょうか?」
既存のしきい値を超える必要性
「もし、その課題が解決できるとしたら、あなたは何をするでしょうか?」
バックトラック・フレーム
ゴール達成に関する情報についてレビューを行う
振り返り 
「これまで話してきたことについての要点は何ですか?」
ミッシング・リンク --- 要素、思考、行動などをゴールに結びつける
「そのことは、ゴールを達成するためにどのように役に立ちますか?」

 上を参考に、

   今年達成できたことは何ですか?できなかったこと何ですか?
   来年達成したいことは何ですか?現状は?現状とのギャップは?
   今年起こった出来事、経験など、たとえそれが自分に不都合なものだったとしても、ゴールの達成に役立ちそうなものは何ですか?
   それをギャップを埋めるために具体的にどのように役立てていきますか?

を質問しているところです。

(つづく)

文献
N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken





0 件のコメント:

コメントを投稿