2014年3月31日月曜日

グレゴリー・ベイトソンの視点:第二次サイバネティックス



 個人的には「ベイトソンが何を言ったのか?」というその「コンテンツ」についてはほとんど興味がなくて、むしろ、「どんな枠組みで考えたのか?」「どんなプロセスで考えたのか?」というところに興味があるのですよねぇ・・・(笑)。

 で、そこいらへんを解明するために、第一次サイバネティックス→第二次サイバネティックス、の観るものと観られるものとの関係性の理解あたりからはじまって、このあたりに一般システム理論とかオートポイエーシスってどんな風にのっかってくるのだっけ?と考えてるところだったわけです。

 で、ベイトソンの視点ってやっぱり深くて高級なのですよねぇ・・・・・・・
 


グレゴリー・ベイトソンの視点:第二次サイバネティックス

 人類学者のグレゴリー・ベイトソンがニューギニアでフィールドワークを行う、とか、心理療法家もミルトン・エリクソンの心理療法を観察した時に、最初は事実を先入観なしに観察して暗黙知を暗黙知として理解するにしても、最終的にそこで観察されたことを形式知化する場合、どのようなフレームワークを用いたのか?

 このあたりは個人的に非常に興味のあるところです。

 で、「SECOND ORDER CYBERNETICS[1]というエッセーを読んでいたわけですが、第二次サイバネティックスの経緯、円環的因果関係、認識論、存在論、オートポイエーシスとの関係、あたりが簡潔にまとめられいて、非常によく理解できたように思います。

  
文献

[1]http://www.facstaff.bucknell.edu/jvt002/brainmind/Readings/SecondOrderCybernetics.pdf



記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken




0 件のコメント:

コメントを投稿