2014年3月23日日曜日

ミルトン・エリクソンの系譜:催眠の現実(Hypnotic Realites)



 トランス誘導とかけて、禅問答と解く、その心は、二律背反の心身状態なり(笑)。



催眠の現実

 三連休のなか日にミルトン・H・エリクソンとアーネスト・L・ロッシ(+シェイラ・I・ロッシ)の代表的三部作の一つである「Hypnotic Realies (1977)」[1]を再読してみました。


 本書は、結構年代物の著作で、晩年のエリクソンの口述をロッシ(夫妻)がまとめた三部作の第一作目で、エリクソンを知るためのバイブル的な1冊となっています。

 それで、エリクソンの技法は、クライアントが現在もっている認識の枠組みから出てもらって、新しい認識や行動を身に付ける技法ということになるのだと思いますが、グレゴリー・ベイトソンを始め、ジェイ・ヘイリー、ポール・ウォツラィックらが禅との共通性に言及している理由を考えながら読み進めると非常に楽しく読める1冊ということになると思います。で、誰か翻訳してくれないかなぁ・・・なんて思っているわけですねぇ(笑)。
  
 翻訳は適当

Foreword by Andre M. Weitzenhoffer

フォワード M.ウィゼンホファー

Introduction
序章

ONE A Conversational Induction: The Early Learning Set
Observation and Erickson's Basic Approach
The Conscious and Unconscious in Clinical Hypnosis
The Utilization Theory of Hypnotic Suggestion
Truisms Utilizing Mental Mechanisms
Truisms Utilizing Time
Not Doing, Not Knowing

第一章 会話的誘導:アーリーラーニング・セット
観察とエリクソンの基本的アプローチ
臨床催眠における「意識」と「無意識」
催眠暗示の利用理論
時間利用のトゥルーイズム
無為、無知

TWO Indirect Induction by Recapitulation
The "Yes Set"
Psychological Implication
The Bind and Double Bind Question
The Time Bind and Double Bind
The Conscious-Unconscious Double Bind
The Double-Dissociation Double Bind
A General Hypothesis About Evoking Hypnotic Phenomena
Reverse Set Double Bind
The Non Sequitur Double Bind
Contrasting the Therapeutic and Schizogenic Double Bind
Unconscious and Metacommunication
Open-Ended Suggestion
Suggestions Covering All Possibilities of a Class of Responses
Ideomotor Signaling

第二章 間接誘導とリカピチュレーション
イエスセット
心理学的含み
「バインド」と「ダブルバインド」の質問
「タイムバインド」と「ダブル・バインド」
「意識ー無意識のダブルバインド」
「二重分離のダブルバインド」
「リバースセットのダブルバインド」
「不合理な推論によるダブルバインド」
「治癒的ダブルバインド」と「統合失調症的ダブルバインド」の違い
「無意識」と「メタコミュニケーション」
オープンエンドの暗示
反応のクラスの可能性全てをカバーする暗示
観念運動のシグナル


THREE The Handshake Induction
Confusion in the Dynamics of Trance Induction
Dynamics of the Handshake Induction
The Handshake Induction
Compound Suggestions
The Paradigms of Acceptance Set, Reinforcement or Symbolic Logic
Compound Statements
The Paradigms of Shock and Creative Moments
Contingent Suggestions and Associational Networks
Multiple Tasks and Serial Suggestions

第3章 握手誘導
トランス誘導の動力学における混乱
握手誘導の動力学
握手誘導
複合暗示

FOUR Mutual Trance Induction
The Surprise
The Confusion-Restructuring Approach
Therapeutic Trance as a State of Active Unconscious Learning

第4章 相互トランス誘導
驚愕法
混乱-再構築アプローチ
無意識が能動的に学習する状態としての治癒的トランス

FIVE Trance Learning by Association
The Implied Directive
Questions that Focus, Suggest and Reinforce
Questions for Indirect Trance Induction
The Fragmentary Development of Trance
Depotentiating Conscious Mental Sets: Confusion, Mental Flux, and Creativity

第5章 連合によるトランス学習
含まれた指示(命令)
焦点、暗示、強化のための質問
間接的トランス誘導のための質問
トランスの断片的開発
意識的なメンタルセットの無効化:混乱、流動、創造

SIX Facilitating Hypnotic Learning
Displacing and Discharging Resistance
Multiple Levels of Communication: Analogy, Puns, Metaphor, Jokes, Folk Language
The Microdynamics of Suggestion

第6章 催眠的学習のファシリテーション
(クライアントの)抵抗の回避と無効化
他水準のコミュニケーション:アナロジー、逸話、メタファー、ジョーク、仲間内の言葉
暗示の微視的動力学

SEVEN Indirectly Conditioned Eye Closure Induction
Trance Training and Utilization
The Dynamics of Indirect and Direct Suggestion
Indirect Conditioning of Trance
Voice Dynamics in Trance
Intercontextual Cues and Suggestions
Right- and Left-Hemispheric Functioning in Trance

第7章 間接的に目を閉じるように条件づけられた誘導
トランスのトレーニングと利用(ユーティライゼーション)
間接および直接暗示の動力学
トランスの間接的条件づけ
トランスにおける音声の強弱
文脈間の手がかりと暗示
トランスにおける脳の右半球、および左半球の機能

EIGHT Infinite Patterns of Learning: A Two-Year Follow-Up
Infinite Possibilities of Creativity, Healing, and Learning

第8章 学習の無限のパターン:2年間のフォローアップ
創造性、癒やし、学習の無限の可能性

NINE Summary
The Nature of Therapeutic Trance
Trance Viewed as Inner Directed States
Trance Viewed as a Highly Motivated State
Trance Viewed as Active Unconscious Learning
Trance Viewed as an Altered State of Functioning
The Subjective Experience of Trance
Clinical Approaches to Hypnotic Induction
Orientation to Hypnotic Induction
Approaches to Hypnotic Induction
Depotentiating Habitual Frames of Reference
Indicators of Trance Development
Ratifying Trance
The Forms of Hypnotic Suggestion
The Nature of Hypnotic Suggestion
Indirect Approaches to Hypnotic Suggestion
Structuring an Acceptance Set
Utilizing the Patient's Associative Structure and Mental Skills
The Facilitation of Human Potentials

第9章 まとめ
治癒的トランスの本質
内的に方向付けされた状態として見たトランス
高度に動機づけされた状態として見たトランス
能動的に無意識の学習として見たトランス
変性機能として見たトランス
トランスの主観的経験
催眠誘導に対する臨床アプローチ
催眠誘導に対するオリエンテーション
催眠誘導に対するアプローチ
習慣になっている(認識の)参照枠の無効化
トランス開発度合いの計測指標
トランスの承認
催眠暗示の形式
催眠暗示の性質
催眠暗示の間接的アプローチ
受容セットの構造化
クライアントの連合構造とメンタルスキルの利用(ユーティライゼーション)
人の潜在能力のファシリテーション

REFERENCES
参考文献


つづく

(参考)

文献

[1]http://www.amazon.co.jp/dp/0470151692/

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken





0 件のコメント:

コメントを投稿