2014年4月10日木曜日

役に立つコーチングの質問その2(つづき)



 ミルトン・エリクソンから派生した短期療法をベースにしたコーチングは、「世界の投影としての自己」と「自己の投影としての世界」の関係性と循環を大事にしているように思ってきます。つまり、物理的な世界に実現されることと、内面の満足感みたいなところのバランスを重視してる感じですかねぇ? 



理想の状態へ移行するための質問

 ネットに「Useful Coaching Questions[1]というPDFの資料があったのですが、このコーチングの質問が中々素晴らしいのでリンクをしておきましょう。

 それで昨日のつづきを書いておきましょう、テーマは、

  1. 心身状態の変化を作り出すための質問  
  2. 理想の状態へ移行するための質問

さて、具体的に質問の内容を見て行きましょう。
 


Has there ever been a time when ….. what was it like ?                            


 同じようなことを経験したのは何時.... それはどのようなものでしたか?


 この質問の意図は、過去の問題や失敗に焦点を当てて嫌な気持ちを増幅しようというものではありません(笑)。この質問の真意はむしろ逆で、過去、自分でも不思議なくらいうまく対処した同様の問題やその時の心身状態、解決策などリソース(資源・資質)になることを探すという質問です。

 


What is stopping you from achieving your goal ?                               

あなたがゴールを達成することを止めているものは何ですか?


 質問はこの通りなのですが、案外深い質問です。一つは物理的な世界の制約として、前に進めないということが考えられますし、もう一つは内的な気持ちや認識の制約として前に進めないということが考えられます。まず、このあたりを丁寧に聞いていくことで達成したりゴールが明確になってきます。また、物理的な制約であれば、通常のコンサルタント的なアプローチで制約を活用するなりの対処が必要となりますし、気持ちや認識の制約であれば、心理療法家的なアプローチが必要になってくるでしょう。
 


What will absolutely motivate you to …. and how will you feel once you have ?

完全にあなたを動機付けているのは何ですか... かつてそのように感じた時はどんな感じでしたか?

 このあたりは、何がやる気のドライバーになるか?を探っている質問です。



What needs to happen for ?                                           


 それを起こすための必要条件は?


 これは、ゴール、あるいはそのサブ・ゴールを実現するための必要条件を明確にしている質問です。通常のコンサルティングであれば、物理的な世界に実現させる成果物やそのためのプロセスについてロジックツリーやWBSを書いても良いのですが、短期療法的なアプローチを考えるとそのロジックツリーやWBSに自分の気持ちや能力などの内的なリソースについての必要条件も考える必要がある・・・ということになってきます。



What will your life be like when you are able to …?                             


それが出来た時、あなたの人生はどんな感じですか?



 もし、それが出来たら人生はどように変わるのか?ゴールを意識させる質問となっています。



Who already does this really well ? [ model them ]                              


それを既にうまくやった人はだれですか?(彼らをモデリングする)

 身の回りに、そのことをうまくやっている人がいないのか?探すための質問。



How did [person x /company x] crack this problem when they had it?


 その人やその会社はその問題を抱えた時に、具体的にどのようにやっつけたのですか?

 問題解決のプロセスをモデリングする質問。具体的にどのようなプロセスでその問題を解決したのか?

  1. 知覚された状況に挑戦するための質問
  2. 何かがうまく行っていない時にする質問
  3. ビジネス・プロセスを改善するための質問
  4. アウトカムを明確にするための質問
  
文献

[1]http://www.janbrause.co.uk/user/custom/downloads/ucq.pdf



記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken


0 件のコメント:

コメントを投稿