2014年4月17日木曜日

ソリューション・フォーカスト・アプローチをベースにしたコーチング



 心理療法家のミルトン・エリクソンの技法を非常にシンプルにすると、どうしてもこんな方向になってきますねぇ・・・・・



ソリューション・フォーカスト・アプローチをベースにしたコーチング

 今日は、手短に、シドニー大学のトニー・グラントの書いたソリューション・フォーカスト・アプローチをベースとするコーチングのエッセーを読んでいたわけですが、これが中々面白いです。

 ポイントは、問題の原因にフォーカスするのではなく1)ゴールへ向かう、2)リソースを探し利用できるようにする3)問題からディスエンゲージメントする、です。

 

文献

[1]http://www.coachfederation.org/files/includes/docs/157-The-Solution-Focused-Inventory---Tripartite-Taxonomy-for-Solution-Focused-Coaching.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken








0 件のコメント:

コメントを投稿