2014年4月30日水曜日

一般意味論で心をデバッグする



  一般意味論を学ぼう・・・・・・但し、一般意味論原理主義者にはならない程度に・・・・・(笑)。



コトバはモノ(モノゴト)と同じではない

 今日は、一般意味論のお話を少々。

 1000記事書いてきて、ここまでで一番アクセス数が多い記事は「一般意味論事始め 27の視点」ということを書いたわけです。




1. 人は他の動物と異なり記号を使って創造、イノベーション、コミュニケーションが行える。


2. 一般意味論では、言語を シンタックス(統語論)、セマンティクス(意味論)、プラグマティクス(語用論)の3つの切り口から捉える。


3. アルフレッド・コージブスキーの創始した一般意味論は上の3つの切り口から、人の思考と行動の相互作用を考える。


4. コミュニケーションは送り手と受けての間で行われる混乱の可能性に対する戦いである。


5. 五感で認識できる世界と思考のような認識が難しい2つの世界を取り扱う。


6. 外的な情報が五感を通してもたらされる、内的感覚でそれに気づく。


7. 神経システムに翻訳されることで我々は物事を見ることが出来る。


8. コトバの構造は他人とのコミュニケーションばかりではなく自分とのコミュニケーションにも影響を及ぼす。


9. コトバの構造は観察対象のもの自体に質感が存在するような錯覚を抱かせる。言語の構造は観察者の存在を曖昧にする。


10. コトバの構造は「地図」と「領土」が同じであると語ることを可能にする。


11. コトバは類似点を語ることを容易にするが、相違点(あるいは例外)を語ることを難しくする。


12. コトバを使って読み書きを行う場合、その話題について全て知っているとする傾向がある。


13. コトバは静的であり、現実世界は動的である。


14. コトバを使った、仮定、推論が事実を混乱させる。


15. コトバの構造は思考を「ABか」のような単純な二択に追い込む。


16. コトバによって、部分が全体だと思い込む。


17. コトバは相互のやり取りには向いてない。


18. コトバによって、ラベリング、カテゴリー分け、評価、関係の明示などを行う。


19. コミュニケーションは、話し手のコトバが、受け手自身の経験を表象することで行われる。


20. いくつかのコトバはデータ以上のものを伝えている。


21. コトバの使い方はメンタルヘルスに関係する。


22. 科学は客観性ということが重視される。


23. 文学のコトバは、感情、主観的反応、ユニークさが重視される。


24. 人間の創造性とコミュニケーションは親密に結びついている。


25. (抽象度の異なる)いくつかの知識について語ることは有用である。


26. 一般意味論は、科学的でこなれた、創造性を引き出すことを意図して構築されている。


27. 「良い地図」を構築する。

  それで、一般意味論を一言で言えば、自分の外的世界で起こっているモノゴトと、自分の中の認識やコトバは違うものである、というように実態がコトバや枠組みのような抽象的な概念に成り行く過程をメタ認知して自覚しましょう・・・・これで少なくとも、コトバと実体に齟齬がある状態は防げるはず・・・・という試みでもあったはずです。つまり、「地図はそれが示す土地と同じではない」というところを自覚するのが重要だというわけです。これが一般意味論で非常に重要な「抽象化過程への自覚」と言われているところでこれがきちんと行われているかどうかを調べるのが、ある意味、ITでいうところのデバックのように自分のマインドをデバッグするということになるわけです。

 もちろん、コトバや記号は創造性を発揮する道具でもあるわけですが、同時に人の知覚や認知を狂わせる道具ともなるわけです。実体を観察することなく「東大出」「イケメン」「金持ち」などのコトバだけにとらわれている状態であれば、すでにコトバのトラップにハマっていると考えて良いでしょう(笑)。

 それで、これを防ぐにはどうしたらよいのか? 結論からいうと一般意味論を学ぶというのは一つの解ということにはなるのでしょう。もちろん、私自身は一般意味論原理主義者ではないのですけれども・・・・(笑)

 それで、Youtubeにこのあたりの良い映像があったのでご紹介しておきましょう。


 
文献

N/A

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken







0 件のコメント:

コメントを投稿