2014年4月18日金曜日

TOC S&T Tree :画期的な戦略と戦術を構築する


                                                                                                                             

TOCの信念として

# すべてのシステムはそもそもシンプルである
# すべての対立は取り除くことができる
# 人はそもそも善良である。 Win-Win の解決は絶対に可能である
# すべてのシステムは大幅に改善することができる

 というのは案外捨てがたいですねぇ



TOC S&T Tree : 画期的な戦略と戦術を構築する

 個人や組織の変化、目標達成、何かのコンテンツの開発を対象とした戦略&戦術構築のテンプレートとして TOC S&T Tree という手法があります。



 要は、このテンプレートに沿って、TOC思考プロセスが使える程度の頭脳があれば誰にでも戦略が構築できるというありがたいものでもあるわけです。

 それで、実際の構築には、ポスト・イットのを階層的に貼り付けていくか、あるいは Harmony のようなソフトウェアを使うと便利だと思います。

 一般的には戦略というと企業に対して無駄に頭が良くて、無駄に立派な学歴の戦略コンサルタントがつくるイメージがあるわけですが、少なくとも、TOC S&T のテンプレートを使うと、1)(個人、組織に)変化を起こす、2)収益を大幅に上げるための組織の戦略構築 、3)モノづくりやサービスづくりの戦略と戦術、無駄に頭が良くなくても作れるということになります。(笑)

 それで、ネットを検索すると2012年にTOC ICO で発表された資料[1]が提供されていますが、結構これが深い内容になっていると思っています。

 もちろん、S&T Tree は割りと地味で、以下のようなブロックの中身を考えながら階層的なツリーで書いていくような格好になっています。




項目
質問
必要条件
なぜ変化が必要なのか?
戦略
具体的に計測できる変化の目的は何か?
並行条件
戦略と戦術をつなぐための並行条件
戦術
変化の目標を具体的に達成する最適な方法(プロセス、ポリシー、測定方法などの変更)
十分条件
それが行われないと戦術の実行を危うくなるため、そうならないようなアドバイスや警告


文献


[1]http://c.ymcdn.com/sites/www.tocico.org/resource/resmgr/2012_conf_pdfs/barnard_scheinkopf_tocico_20.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken




0 件のコメント:

コメントを投稿