2014年5月11日日曜日

ミルトン・エリクソンの系譜:スコット・ミラー



 『心理療法ってここ50年で進化しているの?』ってアナロジーと聞くと『コンサルティングってここ50年で進化しているの?』みたいな話にも聞こえなくはないのですが・・・・(汗)。          


心理療法は本当に進化しているのか?

 昨年の年末にミルトン・H・エリクソン財団の後援でカリフォルニア州のアナハイムで行われた Evolution of Psycotherapy での講演が Youtubeにアップロードされていたのでご紹介しておきましょう。



 スピーカーは、ミルウォーキー派(ソリューション・フォーカスト・アプローチ)の重鎮!? スコット・ミラー。

 「1985年の第一回大会には学生として参加したけれど、その頃から心理療法って本当に進化しているの?」

 「最近は精神の不調は薬で治すようになっていて、心理療法の需要って減ってない?」

 「世の中複雑になって、社会環境も変わっているのに心理療法ってそういう変化に対応しているの?」

 「心理療法家の報酬が1/3 に減ったっていうデータもあるけれど本当?」

 「心理療法って『ドードー鳥効果』って話もあるけれど本当?」

 みたいな感じで事実としてのデータも示しながら、かなり突っ込んだ面白い内容になっています。

(参考)
http://ori-japan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_27.html
  
 
文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com https://www.facebook.com/okirakusoken







0 件のコメント:

コメントを投稿