2014年8月31日日曜日

エリクソニアン・アプローチとシステミック・アプローチとの整合性


  
  結構、深い話だなぁ・・・・                                                                             

 


エリクソニアン・アプローチとシステミック・アプローチとの整合性

  今日も、手短に。

 「Family hypnotherapy: Erickson or systems? [1]というエッセーを読んでいたわけですが、エリクソニアン・アプローチとシステミック・アプローチの2つをどのように整合性を取っているのか?ということが書いてあるわけですが、これが案外深い内容です。 

(つづく)
文献




記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com




0 件のコメント:

コメントを投稿