2014年9月2日火曜日

短期戦略療法



  
  心理療法家のミルトン・エリクソンを学ぶ場合、暗黙知を暗黙知として学ぶという方法と暗黙知を形式知として学ぶという2つの方法があるわけですが、形式知として学ぶと考えた場合、エリクソン→MRI→短期戦略療法という感じで一応の終着点は、ここかなぁ・・・・と思っているわけですけれどねぇ。

 
 


短期戦略療法

  「History and development of Brief Strategic Therapy® Model [1]というタイトルのサイトを読んでいたところだったわけですが・・・・

 元々、心理療法家のミルトン・エリクソンが暗黙知としてやっていた心理療法に対してMRIMental Research Insititute)の研究者達がその一部を形式知化したのが短期療法の始まりというわけですが、これから、ソリューション・フォーカスト・アプローチや戦略的家族療法、そして短期戦略療法などが生まれていくということになるわけです・・・・
 で、®はついているけれど、ちょっとこの方向を探求してみるのも悪くないなぁ・・・と。

(つづく)
文献

[1]http://www.centroditerapiastrategica.org/en/clinical-area-brief-strategic-therapy-model.php
記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com





0 件のコメント:

コメントを投稿