2014年9月22日月曜日

相互作用を見るウオツラウィックの視点



  
  単純にレッテル貼りをするわけにもいかないけれど、彼らは何学派なのでしょうかねぇ?
 
 


相互作用を見るウオツラウィックの視点

 今日は手短に。

 人間がいつも何かの法則や理論通りに動く、ということは無いのだろうけれど、それでも人の観察から帰納的に創りだした理論は何かの役には立つのでしょう。

 それで、SlideShare を眺めていたらMRIで短期療法やコミュニケーションについて研究していたウオツラウィックの理論が5分で分かるスライド発見というわけです。それで今日はこのスライドをご紹介しておきましょう。余談ですが、心理療法で活用される「リフレーミング (Reframing)」というコトバを初めて定義して使ったのもウオツラウィックらということになります。

(つづく)
文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com


0 件のコメント:

コメントを投稿