2014年9月4日木曜日

ドン・ジャクソンの遺産



  
  このあたりは調べようと思っても手に入るドキュメントがあまりないのだよねぇ・・・さて、どうしてものか・・・・・・

 
 


ドン・ジャクソンの遺産

  ルイジアナ大学に短期療法ではお馴染みのMRIで活躍したドン・ジャクソン[1]のアーカイブが出来たというのが Youtubeにのっかっていたのでちょっと視聴していたところ。
 ドン・ジャクソンは1968年に早逝しているので、現在、解説しているのはルイジアナ大学で教鞭ととっている心理療法家のウェンデル・レイ。

 で、個人的には、ベイトソンとかに比べると読んでいるエッセーとか論文は圧倒的に少ないのであまりよく分かっていないところも多いわけですが、短期療法の形成を担った人物としては外すことができない人物であるのは間違いないのでしょう。



(つづく)
文献

[1]http://www.mri.org/dondjackson/

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com




0 件のコメント:

コメントを投稿