2014年9月7日日曜日

組織改革と音楽のメタファー



  
  個人的には一般意味論の「地図はそれが示す土地と同じではない」のメタファーで「楽譜はそれが示している(演奏される)曲と同じではない」はよく使っているように思いますけれどねぇ・・・・・(笑)。
 
 


組織改革と音楽のメタファー

  今日は、手短に。

MUSIC AS A METAPHOR FOR ORGANIZATIONAL CHANGE[1]というエッセーを読んでいたわけですが、これが中々面白い、というわけです。

 メタファーと言えば、心理療法で理想の解決策や心身状態を示唆したり、一般的な問題解決での解決方法を示唆したり、という目的で活用されるわけですが、ここでは組織改革でこれから何が起るのか?音楽のメタファーを使ってその変化を楽しい経験として示唆するために活用するにはどうしたら良いのか?について書かれています。

 で、緊張ー弛緩、リズム、不協和音・・・・・・と実際の組織改革で起るだろう感覚的なところがメタファーで示されています。
 
(つづく)
文献

[1]http://www.sakumantere.fi/Mantere-Sillince-Hamalainen-Music-Metaphor-Change-JOCM-Preprint.pdf

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com





0 件のコメント:

コメントを投稿