2014年9月5日金曜日

ミルトン・H・エリクソンの言語パターン



  
  帰納的推論を喚起させるコトバ使いということなのでしょうけれどねぇ。

 まぁ、アブダクションを帰納法の中に入れるのか?というところがちょっと微妙ですけれどねぇ・・・・・
 
 


ミルトン・H・エリクソンの言語パターン

  今日は、手短に。

 ちょっと出何処が怪しいところはわるわけですが、「Institute of Semantic Restructuring[1]

 普通の言語学上の意味論なのか?はたまた、一般意味論なのか?あるいは統語から見ているのかもまったく不明なのですが、ミルトン・エリクソンの言語パターンが割りと詳しく解説されているサイトというわけです。

 もちろん、エリクソンの場合は、完全な字面というよりも、行間にどのようなメタ・メッセージを込めて話すのか?というところがあるため、言語だけを見聞きしていてもわからないところが多いわけですが、それでも、何らかの役には立つのでしょう・・・・

(つづく)
文献

[1]http://www.semanticrestructuring.com/

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com





0 件のコメント:

コメントを投稿