2014年10月12日日曜日

認知行動療法ベースのコーチングがアスリートのパフォーマンスを高める理由


  
  個人的は、このあたりのことは一応論文とかで調べるようにはしているのですけれど・・・・これがないと単に精神論になってしまいますからねぇ(笑)。

 


認知行動療法ベースのコーチングがアスリートのパフォーマンスを高める理由

 SlideShare のサイトに認知行動療法(CBT)ベースのコーチングがどのようにアスリートのパフォーマンスを高めているのか?という研究論文をサマリーしていたスライドがアップロードされており、これを読んでいたわけです。


 もちろん、日々の練習をしていないとそもそも論としては話にならないのでしょうけれども、同じ練習をしていても本番でのメンタルが弱くて練習どおりのパフォーマンスが発揮できていない人などのには効果的なのでしょう。

 もっとも、このスライドを読んでいて、例えばチームのパフォーマンスを発揮するためにチームの全員で共有されているゴールを持っていたほうがよりパフォーマンスが引き出されるという研究結果を読むと、なるほどなぁ・・・と納得できるところでもあるわけです。
 で、詳細はスライドを読んでみてください。

文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com








0 件のコメント:

コメントを投稿