2014年10月8日水曜日

フランシスコ・ヴァレラ物語(その2)


  
  「生命とは何か?」
  おそらく誰もこんな答えなんか分からないのだろうけれど、その答えを目指して、認知科学だの、生命科学だの、仏教だの色々な登山道から頂上目指して登ろうとしている研究者とか求道者が居るのだけは分かる・・・・・・・

 


フランシスコ・ヴァレラ物語(その2)

 手短に。

 フランシスコ・バレラ。チリの生物学者にして、後にキリスト教徒から中観派の仏教徒に改宗。オートポイエーシスの共同研究者にして、認知科学者、システム現象学の提唱者。

 登場人物が、ウンベルト・マトラーナ、ハインツ・フォン・フォルスターからダライ・ラマまでと非常に幅広い。


 

 
(つづく)
文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com







0 件のコメント:

コメントを投稿