2014年11月14日金曜日

身体化された認識と言語



 メタファーの世界は深いなぁ・・・・・・メタファーを認知科学の用語で語るのとメタファーをメタファーで語るの違いは何なんだろうなぁ(笑)。





身体化された認識と言語

  ちょいとメモがわりに。

心理療法家のミルトン・エリクソンの活用したメタファーを研究し始めると、どうしても認知言語学に片足を突っ込むことになって、認知言語学に片足を突っ込むと、そこrからエナクティブ学派の認知科学に入っていって、さらにオートポイエーシス論みたいなところにつながっていくので目茶目茶興味がある分野なのですが(笑)、ちょいと色々なネタを仕入れる意味で、Youtube の映像を物色中というわけです。


 で、UCバークレーで言語学を教えているジョージ・レイコ大先生の面白い映像があったので、貼り付けておきましょう。まぁ、レイコフ&ジョンソンの「Metaphors we live by」「Women , Fire and Dangerous Things」、「Philosopy in the flesh」あたりを読み込んでいればお馴染みの内容かなぁ~と。
 

文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com






0 件のコメント:

コメントを投稿