2014年11月22日土曜日

フランシスコ・ヴァレラの時代



 逆にいうと、ポスト・ヴァレラの時代って何なんだろうなぁ・・・・




フランシスコ・ヴァレラの時代

  ちょいとメモがわりに。
 Cybenetics and Human Knowing のベイトソンの生誕100周年記念号に掲載された記事については以下で書いたわけですが、

 
 同誌のオートポイエーシス特集があって、そのフォワードに掲載された「The Ages of Francisco Varela[1] をパラパラ読んでいたいたわけですが、中々面白いですねぇ。

 ヴァレラの提唱した神経現象学を通すと、ブリーフセラピー、家族療法、からはじまって、プロジェクト・マネジメント、経済学、外交・・・・仏教・・・・と色々なものがつながってきますねぇ・・・(笑)。  
文献

[1]http://www.imprint.co.uk/books/Varela_Intro.pdf



記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com





0 件のコメント:

コメントを投稿