2014年11月21日金曜日

プロジェクト・マネジメント体系ただし第二次サイバネティックスに則した



 モノだけに焦点を当てたら PMBOK とか PRINCE-2 でいいけれど、人の焦点を当てて、組織の変革とか、社会変革とかまで考えると、プロジェクト・マネジメントはどうしてもこういう方向にならざるを得ないですねぇ。




プロジェクトをベースに動いている組織のオートポイエーシス的説明

  ちょいとメモがわりに。
Mastering Complexity and Changes in Projects , Economy , and Society via Project Management, Second Order (PM-2) [1] を読んでいたわけですが・・・・

 PMBOK がせいぜい第一次サイバネティックスの範囲でつくられていたのに対して、システム論を第二次サイバネティックスにアップデートしたらこんな方向になりますねぇ。
 なんか世の中には自分と同じことを考えている人がいますねぇ・・・・(笑)。 
文献

[1]https://iccpm.com/sites/default/files/kcfinder/files/Mastering%20Complexity%20and%20Changes.pdf



記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com



0 件のコメント:

コメントを投稿