2014年11月9日日曜日

ニクラス・ルーマン社会システム論を語る



 家族療法にしても、MBAの組織論にしても、ルーマンのフレームワークで論文書くとやたら格好よくまとまるのだよねぇ・・・・・・(笑)。





ニクラス・ルーマン社会システム論を語る

  ちょいとメモがわりに。

Youtubeに社会システム論で有名なニクラス・ルーマンの映像がアップロードされていたのでリンクしておくことにしましょう。



 インタビューの時期は1973年とあるので、オートポイエーシスをベースにコミュニケーションを構成素とした社会システム論はまとまっていなかった時期のようにも思えてくるわけですが、タルコット・パーソンズあたりから始まった取り組みとオートポイエーシスが結びついて発展させたのか?そのアイディアの芽となるものはこのあたりからあったようにも思えてきます。また、ここから1989年のドキュメンタリーにつながっていきます。

 それで、インタビューはドイツ語なのですが、ご親切にも英語の字幕がついているのでよくわかります(笑)。

文献

N/A


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com




0 件のコメント:

コメントを投稿