2014年12月2日火曜日

コーチングをよくするための6つの質問




 マーシャル・ゴールドスミスがベースにしているコミュニケーション理論は何なんだろうなぁ~。




コーチングをよくするための6つの質問

  ちょいとメモがわりに。
 エグゼクティブ・コーチのマーシャル・ゴールドスミスがハフィントンポストに投稿している「6 Questions For Better Coaching[1]という記事を読んでいたわけですが、非常にシンプルなのですが中々深いです。

 ここで前提となるのは、コーチとクライアントが質問を介して色々な情報をやりとりしながら考えを深めていく相互作用のプロセスです。
 で、具体的なコーチングの質問としては以下のようなことを尋ねていくというわけです。

1.Where are we going ?
2.Where are you going ?
. What is going well ?
4.What are key suggestions for improvement ?
.  How can I help ?
What suggestions do you have for me ?
文献

[1]http://www.huffingtonpost.com/marshall-goldsmith/6-questions-for-better-co_b_247525.html

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com






0 件のコメント:

コメントを投稿