2014年12月30日火曜日

マネジメント・サイバネティックス




  来年からはこのブログは不定期に更新予定。

 現在までに書いた記事が 1,200 以上あるので、1日かこうか、1週間ほったらかそうがアクセス数のほとんどは検索エンジン経由だから、ほとんど変わらないのだけれどねぇ(笑)。
 




マネジメント・サイバネティックス

  ちょいとメモがわりに。
 グレゴリー・ベイトソン → ミルトン・エリクソンと来て、もう少しサイバネティックスの方向に旋回した感じになりますが、来年は、スタッフォード・ビーア[1]、ウィリアム・ロス・アシュビーの方向を少し掘ってみようかなぁ・・・と画策中。


 
 まぁ、組織のマネジメントの方向を考えると、ここいら辺は外せないですねぇ(笑)。
 
文献

[1]http://ja.wikipedia.org/wiki/スタッフォード・ビーア

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com






0 件のコメント:

コメントを投稿