2015年8月25日火曜日

制約を使いこなすということ

近所を歩いて、定点観測を行うと面白い事実を発見することがあります。す。 以下の写真の例なんかもその例。

 で多くの人は暗黙の前提として、こう思うのではないかと思います。「道は広ければ広いほど単位時間あたりの通行量は増える!!」と。
でも、それもなんらかの前提条件があっての話・・・・ということがわかってきます。
それで、以前は、この道路、道幅は今より広かったのですが、車が2台ギリギリ通れる一方通行のためか、この道路は駐車や停車が結構多かったという記憶があります。

 もちろん、これが原因となって。
 1.    駐車や停車している車が渋滞の原因となる
2.    停車している車がアイドリングしていて空気が淀んでいる感じがする
3.    見通しが悪く、飛び出しが事故の原因になる
4.    など、など

それで、この根本原因は違法な駐車や停車なので、これをなくすということになるのでしょうが、ここで面白いのは、解決策として道幅を2台の車が並列で通れないくらい狭くした、ということ。つまり、あえて制約条件を設けたということがここでは面白い点でしょう。

このようにすると、道に停車、駐車していると他の車の邪魔になって通ることができずに、すぐ通報されてしまうため、駐車、停車が激減というわけです。


 個人的に面白いのは道幅を広げるのではなくて、あえて狭くしたという逆転の発想のように思ってきます。つまり、「道は広ければ広いほど単位時間あたりの通行量は増える!!」という思い込みが打ち砕かれた瞬間というわけです。


 もっとも、駐車、停車するニーズがあるのなら、これを全体最適の視点から根本的に解決する必要があるとおも思えるのですが、このあたりは今後のテーマということにしておきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿