2015年10月30日金曜日

システム手帳を使わなくなった理由



 結局、自分が何をやりたいのか?をある程度意識して、日々の行動の中で<わらしべ長者>みたいに創発的に夢を膨らませて、<使える資源はなんでも使って>実現していくのに邪魔にならない道具が重要ではないかと・・・(笑)。


 昔は、システム手帳のかなりヘビーな愛好者。Filofax にリファイルをてんこ盛りに入れて持ち歩いていた。


 また、仕事がら電子機器もかなりのアーリーアダプター。会社のアワードでもらった HP 200 LX 、HP PDA などの情報機器をかなり使い込んでいた時期もある。


 それで、こういった時代を経て<現在>のところは、以下の感じに落ち着いている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • <アナログ>100円くらいのメモ帳を<肌身離さず>持ち歩いている。
    • 思いついたアイディアはこのメモ帳
    • 形式はリスト、もしくは Mindmap
  • <デジタル>清書メモは Google Keep /画像などはプライベートな共有ディスク
    • アイディアメモ帳から清書
    • 画像や書類はスキャン
  • <デジタル>本格的な管理はEvernote で GTD (Getting Things Done)を組んでいる。[1]
    • 端末は、Android と Chromebook
    • 情報収集:Evernote にクリップ
    • 情報分類:Evernote でGTD
    • スケジュール管理: Google Calender →リマインドメール
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 で、理由は、


  • 情報システムがクラウド化されてどの端末でも同じ環境がすぐに使えること。
    • 昔のようにスケジュールをPIMで同期する必要がなくなったこと。
  • 情報機器の使い勝手が上がったこと。
    • 軽量化、電池が長時間持つ、操作性の向上、バックアップの簡易化
    • どこでもつながるネットワーク
  • 方法論の確立
    • GTD など


 もちろん、こういった方法論は、最終的に<自分のやりたいこと>を明確にし、それを実現するために、情報を収集したり、日々の行動をマネジメントしていく方向で活用していくことになると思います。


 余談ですが、このような道具のおかげか、年末を迎え、最近ではすっかりアナログのシステム手帳とマイクロソフト製品を使わなくなってしまったという生活に落ち着いています(笑)。

 もちろん、「システム」手帳を使わなくなったからシステム思考を諦めたわけではなく、デジタル機器を活用することでより精緻なシステム思考をしているようになっているわけでもあります(笑)。


文献


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。またの内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想、執筆、講演のご依頼はこちらまで tritune'`@''gmail.com




0 件のコメント:

コメントを投稿