2016年8月19日金曜日

コーチングのRFP


                                                                                                                             
 法人のコーチングって、仕事にしようと思うと、

 提案やプロジェクトマネジメントなど

 コンサルティングのスキルが必要だってことだ(笑)。

 <ひとりごと>



コーチングのRFPを読むのは興味深い

    コンサルタントは一体何をしているのか?

 と質問されると「仕事の一つにクライエントのRFP作成支援がある」と答える。

 これは、コンサルタントが存在意義を示す上でも重要な仕事だ。

 RFP (Request for Proposal)[1]は日本語で言うと「提案依頼書」だ。企業やお役所が、物品やサービス、(例:ITシステムなど)を調達する時、何をどのように調達するのか?締め切りは?コストは?運用ライフサイクルは?という定義をして事業者に提案を依頼する。大抵は競争入札になる。その時に使う事業者に向けた「提案依頼書」がRFPということになる。

 RFPがいい加減だと、調達する物品やサービスの内容がいい加減になりやすい。具体的には、目的に沿わないものを調達して無駄なお金を払い続けるということになる。業者が食わせ物だと必要ないものまで買わされる可能性もある。もちろん、付け込まれる隙を与えているのはクライアントなので、どっちもどっちだということだが。ただ、まともなクライアントは、RFPの出来の良し悪しが、自分たちの将来を左右することがわかっている。

 余談だが、この前段階に課題や問題を整理するための戦略コンサルティングがくる。少し前プロジェクトでRFPの書ける人材育成をやった。この続きで、国立大学法人に専門職大学院が2つ出来た。RFPはコピペでも書けるが、きちんとビジネス要件を反映したRFPを書く難易度は高い。

 さて、ここで法人がコーチングを調達する場合を考えて、

 「コーチング」のRFPを書いたらどんなものになるのか?

 Google に聞いてみる。

 けっこうきちんと書いたコーチング調達のRFPとして「Management Coaching for the Evidence, Strategy and Results Team[2]というのが見つかる。発注者は、国連エイズ合同計画。国際調達でコーチングの提案依頼をしている。ここで、顧客の視点に立って顧客がどのような背景、目的、成約などをもってコーチングの提案依頼をして調達しようとしているのか?を考えてみると非常に面白い。

 もう一つのコーチング調達のRFPの例は「International Monetary Fund Request for Proposal No. 838  Coaching Program」。[3] 発注者は、国際通貨基金、財務省の天下り団体のいわゆるIMF(笑)。国際調達でコーチングの提案依頼をしている。コーチはPhDかMSを持っていること、と書いてあるので結構要求は高い。

 個人的には、なぜ、コーチングなのか?いくつかの選択肢の中でどうしてコーチングを調達するのか?とこの全段階にどんな戦略コンサルティング的なものがあったのか?を考えてしまう。

 もちろん、今回はコーチングを調達してみよう、ということでこのRFPがあると読むと結構面白く読める。もちろん、国際機関のRFPを書いているコンサルタントもへっぽこではないのだろうから、かなり勉強になる。(笑)。

 それで、今度は事業者の立場に立って、どんな提案にまとめるのか?を考えてみる。もちろん、顧客がきちんとしたRFPをつくってくれていると提案書を書くのは楽だ。どこで付加価値を提案するのか?何の強みを打ち出すのか?ということに集中できる。

 もちろん、個人的には、顧客がRFI (Request for Information)[4]を出して、事業者から情報を取得し、自分たちのビジネス要件を整理してゴールや解決の方針を決め、RFPを降りだして入札をして、実際に調達が成立したらプロジェクトをスタートさせ・・・・最後にプロジェクトをクロージングしてその評価を行い・・・とライフサイクル全体で見ているところがあるのだけれど、この流れの中でRFPがどんな役割を果たすのか?を考えると結構面白いことに気がつく。
 
 結局、コーチといってもコーチングだけやっていても付加価値が低い。プロジェクト全体を見渡して、その時コーチの役割を果たすにしても、自分を演出するためのコンサルティングのスキルがないといけない、というのが分かってくる。

(つづく)

文献
[1]https://en.wikipedia.org/wiki/Request_for_proposal
[2]http://www.unaids.org/sites/default/files/unaidsrfp/2011/rfp-2011-09/RFP-2011-09_Request%20for%20Proposal_Management%20Coaching.pdf
[3]https://www.imf.org/external/np/procure/eng/rfps/rfp838.pdf
[4]https://en.wikipedia.org/wiki/Request_for_information

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com
https://www.facebook.com/okirakusoken

0 件のコメント:

コメントを投稿