2016年9月30日金曜日

ミルトン・エリクソンの系譜:直接暗示と間接暗示


                                                                                                                             
 間接暗示+ベイトソニアン・ダブルバインド → 悩ましいろくでもないヤツ

 間接暗示+エリクソニアン・ダブルバインド   → 癒やしてくれるヤツ

 技法はほとんど変わらないが、どちらの立場も取れる(笑)。


 <ひとりごと>



間接暗示は難しくない・・・・

  備忘録として書いておく。

暗示は難しくない》心理療法家のミルトン・エリクソンの一派が使う用語に直接暗示(Direct Suggestion)と間接暗示(Indirect Suggestion)というのがある。細かい技法の話は、アーネスト・ロッシを引いて書いた[1] 。もっとも、個人的には、「暗示」というより「示唆」のほうが適切な訳語ではないかと考えている。理由は、相手に解釈の余地を与えつつ「示唆」する形式になっているからだ。

 難しく考える必要はない、実際に、暗示や示唆は日常生活、仕事の場面にあふれている。例えば、会社で上司に有給休暇を申請しようとした時。上司は以下のように返す。

「仕事に、余裕があるヤツはいいなぁ〜」

 もちろん、解釈は文脈や相手との関係、あるいは相手の表情を含めた(メッセージ+メタ・メッセージ)全体から行われるだろう。[2] この示唆は、ある種の「嫌味」をほのめかしたものとも取れるが、単なる「冗談」かもしれない。だから、これも間接暗示となる。もっとも、エリクソンは嫌味ではなく、相手にもっと肯定的に取られるような間接暗示を使った。[3]

ネットの誤った情報》別にこれを揶揄するつもりはない。反面教師から学ぶことでより深く学べる。で、以下のような情報がある。


トランス状態が深化してくると、クライアントはエリクソン催眠流の暗示に反応しなくなる。間接暗示から直接暗示へと切り替えるべし!

 
 これには2つの根本的な誤りが含まれる。
 
トランスの深さと変化の大きさは関係ない》まず、❶エリクソニアン・アプローチはトランスを深化させるものではない。つまり深いトランスになればなるほど変化も大きい、とは仮定していない。これはヤプコを引いて書いた。[4] また、トランスなしでも、適切な状況設定と介入があれば人の認識や行動が変化することはウオツラィックを引いて書いた。[5]

間接暗示の有効性とトランスの深さは関係ない》また、❷間接暗示はトランスとは独立だ。つまり、トランス深いから間接暗示が理解できない、といったことはない。これは、「Hope & Resiliency」[6]の中に「子供には直接暗示のほうが効果的」という記述があるが、これは子供がメタ・メッセージの解釈の発達が追いついていないため、ということだ。例えば、子供が学校を休みたいといった時、

親:「勉強に、余裕があるヤツはいいな〜」

子供:「うん、余裕があるよ」

というようなメタ・メッセージを解釈しない答えになることが予想されるためだ。逆に大人は、トランスが深かろうが、浅かろうが、間接暗示は間接暗示として解釈できる、ということになる。だから別にトランスの深さによって切り替える必要もない。そもそも、エリクソニアン・アプローチは深く催眠誘導することは目的としていない。

ご利用はダブルバインドで》もちろん、間接暗示は、人を千尋の谷に落とす場合は、統合失調症的なベイトソニアン・ダブルバインド仕立てで活用され[6]、逆に人を癒やす場合は、エリクソニアン・ダブルバインド仕立てで活用されることになる。[7] 余談だが、ベイトソニアン・ダブルバインドを活用することで嫌な上司になることも、エリクソニアン・ダブルバインドを活用することで部下の悩みの解決に協力できる上司になることもできる(笑)。

(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2013/03/blog-post_12.html
[2]http://ori-japan.blogspot.jp/2013/03/blog-post_15.html
[3]http://ori-japan.blogspot.jp/2012/03/24.html
[4]http://ori-japan.blogspot.jp/2016/09/blog-post_59.html
[5]http://ori-japan.blogspot.jp/2012/01/blog-post_23.html
[6]https://books.google.co.jp/books?id=B2YgBQAAQBAJ&pg=PT144&lpg=PT144&dq=milton+erickson+direct+suggestion+children

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com
https://www.facebook.com/okirakusoken

0 件のコメント:

コメントを投稿