2016年9月21日水曜日

ミルトン・エリクソンの系譜:入門編のゴニョゴニョゴニョ


                                                                                                                             
 言われていることは、そこそこ重要。

 言われていないことは、もっともっと重要(笑)。

 <ひとりごと>



エリクソニアンな人たちは今でも仲良しな感じはする(笑

   備忘録として書いておく。


エリクソンのドキュメンタリーを視聴》 Youtubeに落ちていたミルトン・エリクソンのドキュメンタリーを視聴。細かい話は論文・著作を読んで確認しないといけないとは思うのだが、これはこれで面白い。




感想文+ネタ帳

  • ケイ・トンプソンもジョン・ウィークランドもエリクソンのことを話している時は子供に戻ったみたいなよい顔をしている。
  • Evolution of Phycotherapy は未だに続いている、次回は2017年12月のアナハイム [1]
  • ジェフリー・ザイクやアーネスト・ロッシが若い[2]
  • エリクソン家の人たちがやたら高学歴[3]
  • 登場人物の多くが博士号持ち
  • 長女のキャロル・エリクソンさんが出ていないのはゴニョゴニョゴニョ[4]
  • ランクトンさんは昔からスーツできちんとしている[5]
  • ランクトンさんの奥さんが可愛い
  • ちょっと昔のヘイリーさんはガリ勉くんみたいな感じ
  • ヘイリーさんの奥さんがやたら美人
  • アーネスト・ヒルガードが角川映画の要人のチョイ役みたいな感じで登場[6]
  • ギリガンさんが解散前のビートルズのメンバーみたいな感じで登場[7]
  • エリクソンさんの奥さんの髪型が黒柳徹子さん風[8]
  • 時代背景とか雰囲気はつかめる、が技法は何も分からない
  • その他、ゴニョゴニョゴニョ(笑)



(つづく)

文献
[1]http://www.evolutionofpsychotherapy.com/
[2]http://ori-japan.blogspot.jp/2012/07/blog-post_22.html
[3]http://ori-japan.blogspot.jp/2012/05/blog-post_29.html
[4]http://ori-japan.blogspot.jp/2014/07/blog-post_21.html
[5]http://ori-japan.blogspot.jp/2013/03/blog-post_8.html
[6]http://ori-japan.blogspot.jp/2016/06/blog-post_18.html
[7]http://ori-japan.blogspot.jp/search/label/%E5%8F%82%E8%80%83%E6%96%87%E7%8C%AE
[8]http://ori-japan.blogspot.jp/2012/03/10_13.html

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com
https://www.facebook.com/okirakusoken

0 件のコメント:

コメントを投稿