2017年8月24日木曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 236日目


                                                                                                                            
 
        エリクソンの技法はJAZZ (笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 236日目について書いておきたい。 
 
催眠療法の調査事例

 「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」、著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ。フォワードは「私の声はあなたとともに―ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー」でおなじみのシドニー・ローゼン。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」だ。ロッシとの共著となる第二弾。ここで特にテーマとなっているのは臨床催眠における「利用(Utilization)アプローチ」ということになる。米国での出版から40年弱の時を経て近々邦訳が出るようだから、興味のある方はそちらを読んで見るとよいだろう。個人的には過去何回が読んでいるが、何度読んでもよい著作だ。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

2. Therapeutic Trance
Fixation of Attention
Depotentiating Habitual Frameworks and Belief Systems
Unconscious Search and Unconscious Process
The Hypnotic Response

3. Ratification of Therapeutic Change
The Recognition and Ratification of Trance

 
随考
 
 エリクソンとロッシの対話を読んでいると結構面白い。以下もそうだ。


Meares (1957) and Shor (1959), for example, have taken regression as a fundamental aspect of trance. From our point of view, however, regression per se is not a fundamental characteristic of trance, although it is often present as an epiphenomenon of the early stage of trance development, when patients are learning to give up their usual frames of reference and modes of functioning.

 例えばMeares(1957)やShor(1959)は、トランスの基本的な側面として退行を行ってきました。 しかし、私たち(ロッシ&エリクソン)の見地から見ると、退行そのものはトランスの基本的な特徴ではありませんが、患者がいつもの参照枠基準をあきらめることを学んでいるトランス開発の初期段階の付帯現象としてよく見られますし 機能モデルでもあります。

 
エリクソンがクライアントから引き出す催眠現象は実際にはやってみないと分からないところがある。これは、クライアントとの相互作用の中で決まるし、あくまでも相互作用において引き出される催眠現象だからだ。

 当然、エリクソンは退行催眠のようなものとは違って退行そのものを目的とはしていない。要は、何か途中で出て来る現象の一つとしてしか見ていない、ということになる。仮にクライアントが退行したという催眠現象が出てきて、セラピストがそれを確認できたら、今度は、それをどのように利用して更に先にすすめるのか?という話になる。ある程度のパターンはあるのかもしれないが、こういった催眠現象を利用するなり、更に別の催眠現象を引き出していくのがエリクソンのスタイルということになる。

 これが、Jazzのインタープレイではないがメンバーと観客の相互作用によって即興演奏が展開する感じと同じ技法がエリクソンの格好の良さということになってくるだろう。逆にいうとネットに溢れている、退行催眠原理主義のへっぽこ催眠療法士を気色悪いと思う理由になっているのだろう(笑)。 

8月24日の進捗、1,864ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 70.4%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY

Hypnotherapy An Exploratory Casebook by 
Milton H. Erickson and Ernest L. RossiWith a Foreword by Sidney Rosen


お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

2017年8月23日水曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 235日目


                                                                                                                            
 
        エリクソンとロッシの著作は説明が単刀直入でよい(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 235日目について書いておきたい。 
 
催眠療法の調査事例

 「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」、著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ。フォワードは「私の声はあなたとともに―ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー」でおなじみのシドニー・ローゼン。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」だ。ロッシとの共著となる第二弾。ここで特にテーマとなっているのは臨床催眠における「利用(Utilization)アプローチ」ということになる。米国での出版から40年弱の時を経て近々邦訳が出るようだから、興味のある方はそちらを読んで見るとよいだろう。個人的には過去何回が読んでいるが、何度読んでもよい著作だ。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

Acknowledgments
CHAPTER 1 The Utilization Approach to Hypnotherapy
 1. Preparation
 2. Therapeutic Trance 
 
随考
 
 今日は、謝辞から第一章。いきなり本題に入る。


Our approach may be viewed as a three-stage process: (1) a period of preparationduring which the therapist explores the patients repertory of life experiences and facilitates constructive frames of reference to orient the patient toward therapeutic change; (2) an activation and utilization of the patient's own mental skills during a period of therapeutic trance; (3) a careful recognition, evaluation, and ratification of the therapeutic change that takes place. 

私たちのアプローチは、(1)セラピストが患者の生涯経験のレパートリーを探索し、患者を治療的変化に向けるための建設的な参照枠で見ることを手助けする準備期間、 (2)治療的トランスの期間中の患者自身の精神的技能の活性化および利用; (3)起こる治療的変化の注意深い認識、評価、および批准。

 
治療的トランスは5つのステージから説明されている。

1.注意の固定
2.習慣になっている参照枠と信念システムを弱める
3.無意識の探索
4.無意識のプロセス
5.催眠下での反応

 ダラダラ書いてないのがよい。

8月23日の進捗、1,856ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 69.9%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY

Hypnotherapy An Exploratory Casebook by 
Milton H. Erickson and Ernest L. RossiWith a Foreword by Sidney Rosen


お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

2017年8月22日火曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 234日目


                                                                                                                            
 
        トヨタ式(TPS)の「なぜ×5回」は、対象が無生物に限定しとけ、

  っていう話になるなぁ(笑)。

         ただ、本当に価値を産んでいるのはトヨタ式でもTPDのほうだけどなぁ(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 234日目について書いておきたい。 
 
催眠療法の調査事例

 「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」、著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ。フォワードは「私の声はあなたとともに―ミルトン・エリクソンのいやしのストーリー」でおなじみのシドニー・ローゼン。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotherapy An Exploratory Casebook(1979)」だ。ロッシとの共著となる第二弾。ここで特にテーマとなっているのは臨床催眠における「利用(Utilization)アプローチ」ということになる。米国での出版から40年弱の時を経て近々邦訳が出るようだから、興味のある方はそちらを読んで見るとよいだろう。個人的には過去何回が読んでいるが、何度読んでもよい著作だ。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

  シドニー・ローゼンのフォワード
 
随考
 
 シドニー・ローゼンのフォワードには、さらりと重要なことが書いてある。具体的には以下だ。


Everyone who knows Milton Erickson is aware that he rarely does anything without a purpose. In fact, his goal-directedness may be the most important characteristic of his life and work. 

ミルトン・エリクソンを知っている人は誰も目的がなければほとんど何もしないことを知っています。 実際、彼のゴール志向は、彼の人生と仕事の最も重要な特徴かもしれません。

 
エリクソンの技法はやはりゴール志向ということだ。

 つまり、「どうなりたいの?」「どうなっていたいの?」のようにゴールなり目的を志向している技法だということだ。つまり、「なぜ、そうなってしまったの?」ではなく「これからどうなりたいの?」に焦点を当てるということだ。もちろん、どこかのアメリカンなコーチの「What do you want ?」ようにこれを直接言挙げするのではなく、間接的に行うので、より格好がよいということではあるのだが(笑)。 

8月22日の進捗、1,848ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 69.6%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY

Hypnotherapy An Exploratory Casebook by 
Milton H. Erickson and Ernest L. RossiWith a Foreword by Sidney Rosen


お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

2017年8月21日月曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 233日目


                                                                                                                            
 
        「Hypnotic Realities 」あっという間に読んじゃったなぁ。

  この本を音読すると頭の中に風が流れているようで、

  案外気持ちよく読めるのだなぁ(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 233日目について書いておきたい。 
 
催眠の現実

 「Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion(1976)」著者はミルトン・エリクソンとアーネスト・ロッシ+シーラ・ロッシ。

    ミルトン・エリクソン論文全集の第四巻を読んでいる。そこに含まれていて、今回からの範囲に収録されているのは、「Hypnotic Realities : 催眠の現実」だ。個人的には英語で何度か読んでいる。また、書店でぱらぱらとしか確認していないが邦訳が出ている。

 そのため、ここの部分の読み方についてはルール変更して興味深いと思ったメモだけ記載しておくことにしたい。

・・・・・・・・・・・
 今日は以下の内容。

 まとめ
Apposition of opposites
Multiple tasks and serial suggestions 
Binds and double binds
Not doing, not knowing 
Compound suggestions
Open-ended suggestions 
Contingent suggestions
Pantomime and nonverbal suggestions 
Covering all possibilities of a class of responses
Paradoxical intention 
Partial remarks and dangling phrases 
Dissociation
Questions Ideomotor signaling
Surprise Implication
Truisms Implied directive
Utilizing need for closure Intercontextual cues and suggestions
Voice locus and dynamics Multiple levels of communication (analogy,puns, metaphor, etc.) 

Yes set
参考文献

 
随考
 
 気がついたら。「Hypnotic Realites 」は読了。毎日少しずつ読んでいると「あれ、もうおしまい?」という感じにはなっている。今後も繰り返し何回も読むことになると思うが、何回読んでも何か勝手にアイディアが浮かんでくる面白い著作であることには違いない。

 明日からは、ロッシとの共著「Hypnotherapy An Exploratory Casebook」を読む。これは、近いうちに邦訳が出るというのが「催眠の経験」に書いてあった記憶がある。
 
8月21日の進捗、1,840ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 69.6%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY


Hypnotic Realities The Induction of Clinical Hypnosis and Forms of Indirect Suggestion by Milton H. Erickson, Ernest L. Rossi & Sheila I. Rossi With a Foreword by Andre M. Weitzenhoffer



お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――