2017年4月27日木曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 117日目


                                                                                                                            

 コミュニケーションのほとんどは人間関係の力関係によって決まる(笑)。

 <ひとりごと>



はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 117日目について書いておきたい。


質問に対する反応の違い

 「Literalness: An Experimental Study (1940s)」から。著者はミルトン・エリクソン。実際には発表されなかった原稿。

 この実験も1920年代から1940年代に渡って足掛け25年に渡って行われており非常に足が長い話だ。簡単に言うとと以下のような検証だ。日常で合う人に質問する。例えば以下のような質問だ。「お名前を教えてもらえますか?」「立ってもらえますか?」等、こういった質問を、日常の覚めた状態にある人、トランス状態にある人に尋ね、その反応にどのような違いがあったのか?観察するというのがここでの趣旨となる。

 ただし、被験者の数が合計4000人、このうちトランス状態にある人が1800人。でもグラフィックとしては4歳から80歳までの男女、人種は、白人、黒人、アジア人・・・・と多種多彩。

 詳細な設定と結果は論文に譲るとして、覚醒状態の時は95%の人が質問の内容を受け入れで実行してくれているが、トランス状態の時は、軽いトランス時で80%、中程度のトランス時で90%が、深いトランス時に97%が「嫌だ」と答えている結果が得られている。
   
 この違いをどう見るのか?の考察は論文に譲るにしても、覚めた状態とトランス状態で真逆の結果が出てるのが興味深いところなのだろう。少なくとも催眠状態にあると、被験者は実験者の言うことを拒否できずに自分の意志とは関係なく自由に操られるなどというのは都市伝説のようにも思えてくる。

・・・・・・・・・・・

随考

   今日の論文で面白いところは、エリクソンが実験者と被験者の「関係性」というのをほとんど考慮していない点だ。人間関係とか力関係とかそういう意味での「関係性」。

 これについてNCBIのデータベースを参照すると「Metacommunication in waking and hypnotic states」という論文のサマリーが見つかる。

 覚めた状態、それとトランス状態にある時ではメタ・コミュニケーションに何らかの違いがあるのか?という考察だ。ある意味、関係性を含んだコミュニケーションがメタ・コミュニケーションでもあるだろう。

 要は、パロアルトのMRIの人たちがベイトソンの人間関係のパターンをコンプリメンタリー、シンメトリー、メタ・コンプリメンタリー、メタ・シンメトリーという具合に分けて考えたところから来ている。このサマリーでは、この用語の表現が少しが変えられているが、コミュニケーションのやりとり、あるいはその結果は関係性に大きく依存しているのだろうということだ。

 関係性については、このあたりで書いた。

 メタ言語的とメタ・コミュニケーション的の違いについてはここらで書いた。

 それで、エリクソンの論文のメモ書きに追加することがあるとすれば、この関係性ということがあるのだろう。
 

4月27日の進捗、930ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 35.1%)

Volume III
HYPNOTIC   INVESTIGATION OF   PSYCHODYNAMIC PROCESSES

Literalness: An Experimental Study
Milton H. Erickson Unpublished manuscript, circa 1940s.



(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html

記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com
https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679

――

0 件のコメント:

コメントを投稿