2017年5月31日水曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 151日目


                                                                                                                            
 
     第二次大戦中、米国政府の委託を受けて、

 エリクソンが何をしていたのかは今もって秘密のままだ。


   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 151日目について書いておきたい。


戦争における急性精神障害の治療のための催眠技法

「HypnoticTechniques for the Therapy of Acute Psychiatric Disturbances in War (1944) 」から。著者はミルトン・エリクソン。正確には1944年に米国精神医療学会で発表内容が1945年に出版という流れだ。

1944年は第二次大戦の後期で、連合国軍がノルマンディーに上陸する1ヶ月くらい前に行われた発表ということになる。エリクソンの住む米国本土が攻撃を受けたわけではないが、ヨーロッパやアジア・太平洋戦線から米国に帰還した兵士の中に何らかの精神障害を訴える兵士がいたことは想像に難くない。

 そのような背景の中で催眠の効用について語っているのがこの論文となる。ただし、エリクソンの一般的な見解について述べられたものであり、個別の事例については書かれていない。

 エリクソンによって語られているのは、クライアントが色々な問題に一気に取り組もうとすることで、圧倒されてしまう気持ちについて、催眠を使うことで自分を客観視することができるようになり、資源や資質や能力についての目録を作成し、一つひとつにの問題に取り組めるように方向性を与えることができる、と述べている。

 また、催眠は思考を制御し、指示し、記憶や考えを取捨選択し、クライアントによって選択された項目について適切に処理する機会を提供することでもある。

 結局、催眠を使うことで、クライアントにもセラピストにもクライアントの無意識に容易にアクセスできるようにすることでもあり、クライアントを混乱させている無意識を直接扱うことができるようになり、(戦争が原因の)人格障害のようなケースについても有効であると主張している。

・・・・・・・・・・
 
 第二次大戦中のミルトン・エリクソン、グレゴリー・ベイトソン、マーガレット・ミードらの足取りについては今持って秘密にされている。ミルトン・エリクソン書簡集の記述によれば、大戦中米国の情報機関で、ドイツ人および日本人の性格についての研究に従事していたことが語られているが、詳細な情報は今持って機密のままである。



テスト付き

 ――ミルトン・エリクソンの介入のパターンとは? ――
  
 ミルトン・エリクソンがクライアントからどのように
  • 情報収集し
  • システムとしての組織の見立て
  • 変化を志向した介入をしたのか
 というのは個人的に興味の対象だ。


  これについて面白い切り口から光を当てているのが当てているのが、ディヴィッド・ゴードン著の「PHOENIX(1981)」ということになる。もちろん、本書だけ読めばなんでも分かるというわけにはいかないが、参考文献の一冊として読むと面白いと思う。

 ゴードンは、初期のNLP(Neuro-Linguistic Programming)の開発メンバーの一人だ。1978年に彼の妻のと一緒にカリフォルニアから車でエリクソンの住むアリゾナ州フェニックスに出かけるところから物語が始まる。

 NLPは、現在、エビデンスがまったく無くエリクソン派生の心理療法の技法としてはかなり微妙な位置づけなのだが、このあたりまでは割りと真面目にやっていた時代なのだろう。現在はアリゾナで別の仕事についているようだ。このあたり直ぐに Linkedin で追跡できるのが凄い時代だ。

―― 催眠を無視したら何が見えるか? ――

 まず、ゴードンのアプローチは催眠やトランス誘導は意図的に無視している。

 そして、エリクソンが働きかけた3つの点からそのパターンを解説しているのが本書となる。

―― 具体的な介入は何に働きかけているか?――

 この答えは案外簡単だ、
 一つは、ラポールとペーシング、二つ目は、認識の枠組み(Frame of reference) 、そして三つ目は行動 (Behavior )ということになる。 介入も柔道の技と同じようなもので、相手の襟首を掴むとか腕を掴むというように当然、技を繰り出すために掴む部分が必要になるのだろうが、本書の場合は、それが認識の枠組みと具体的な行動という具合になる。

 例えば、ラポールとペーシングについては、話の内容のラポール、振る舞いを合わせるラポール、文化のラポールと3パターンが取り出されている、という具合だ。認識の枠組みの介入については、5パターン、振る舞いの介入については7パターンが取り出されている。特に、行動の介入のタイトルに Snow Ball とタイトルが付けられているのだが、これはサイバネティクスのポジティブ・フィードバック・ループを志向した「もっとやれ Do More 」を指示することで変化が起こることを示唆していることになる。

   もちろん、これを実行したからといってミルトン・エリクソンに成れるわけではないが、エリクソンの介入をどのような切り口で見るのか?ということについてはかなり参考になるだろう。

5月31日の進捗、1188ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 44.6%)

ボリュームIV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY

戦争における急性精神障害の治療のためのHypnoticTechniques
ミルトン・エリクソン米国精神医学会、フィラデルフィア、ペンシルバニア州、月15-18、1944年のセンテナリー総会で読むと精神医学、1945、101、668から672のアメリカジャーナルからの許可を得て転載。









お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。



(つづく)

文献
[1] http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com
https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679

――

0 件のコメント:

コメントを投稿