2017年6月1日木曜日

「メタ・ビリーフチェンジ」コーチング体験セッション


クライアントを募集いたします
 頑張れば頑張るほど、うまくいっていないことはありませんか?

 認めるなら申します。

 この背景にある「メタ・ビリーフ(高次の信念体系)」にうまく対処する方法を身につけないと、そのうまくいかないことがあなたをもっと振り回すようになってしまうでしょう。

 ただし、対処するのは案外むずかしいのです。理由は、一度、常識の枠組みの外に出ないと「メタ・ビリーフ」は分からないからです。

 このことが思い当たる方に申します。

「メタ・ビリーフチェンジ」コーチング体験セッションをご検討してはいかがでしょうか?
 

募集要項

 「メタ・ビリーフチェンジ」コーチング体験セッションのクライアントを募集いたします。

 ミルトン・エリクソン派生のジェネレティブ・コーチングのマスター・トレーナ認定者、心理療法家のミルトン・H・エリクソン、人類学者のグレゴリー・ベイトソンの研究者でもある松尾浩が担当いたします。

提供の背景について
 人の不適応な「感情」や「行動」は客観的な出来事から引き起こされるのではありません。これらは、物事の捉え方や解釈のやり方である信念体系(Belief System) によって引き起こされる、というのが現在の認知科学の基本的な考え方です。例えば、苦手なものに恐怖を感じるのも、分からないことに不安を感じるのも、不条理なことに怒りを感じるのも、この信念体系が関係しています。

 不適応な「感情」「行動」が堂々めぐりをすることから抜け出すには信念体系をよりよく置き換える(リフレーミングする)必要があります。しかし、難しいのは、現在の常識の枠組みの外に出て、より高次の信念体系を見つけ、そして置き換える必要があることです。

 もちろん、これはコーチングの場合にも当てはまります。健康な方が将来の目標設定をする場合、この高次信念体系の置き換えが出来ないと、現状の延長上にある目標となり、これが達成されても月並みな結果しか得ることしかできません。ある流派のコーチングが「コンフォート・ゾーンの内側のゴール」と呼んでいる範囲の目標設定になってしまいます。

 また、通常のコーチング等で取り扱う信念は、「根本的な信念 (コア・ビリーフ)」ではなく、比喩を使って説明すれば、木の枝葉であり、決して幹や根の部分ではありません。ここでは、枝葉の信念を束ねている幹や根にあたる高次の信念のことを「メタ・ビリーフ」と定義しています。現状の枠組みを超える大きな変化を志向するのであれば、枝葉のレベルの信念体系ではなく、この「メタ・ビリーフ」を取り扱う必要があります。

 幸いなことに、不適応なことから起こる、「感情」「行動」といった課題を敢えて「二項対立」と見立て、この「二項対立」から見えてくる本質を抽象的に束ねていけば、奥底に潜む「メタ・ビリーフ」を見つけることはそう難しくはありません。

 これは、心理療法家のミルトン・H・エリクソン、人類学者のグレゴリー・ベイトソン、制約に着目したTOC (Theory of Constraints)等を個人的に研究、実践して分かったことです。よく自己啓発で「思考の抽象度を上げる」と言ったことが言われますが、実のところ、こういうことなのです。このためには、否定的な「感情」や好ましくない「行動」もおおいに役立ちます。

 この体験セッションでは、この「メタ・ビリーフ」を見つけ、この「メタ・ビリーフ」をよりより信念体系に置き換え、過去の延長にない目標設定とその実現をご支援をするためにコーチング、ファシリテーション・サービスを提供いたします。

 既存の枠組みに囚われない「箱の外に飛び出した(Out of the Box)」革新的な問題解決や目標達成の方法がどのようなものかをその目で実際に確かめていただければと思います。結果、ご自身の認識や感情そして行動が変化し、世界の現れが今までとは違った可能性に満ちたものに見えてくるようになるでしょう。

体験コーチングの目的
  1. メタ・ビリーフを明らかにするご支援
  2. メタ・ビリーフによる葛藤への対処、もしくはそこから抜け出すご支援
  3. 既存の枠組みの延長にない目標設定、達成のご支援
※ただし、体験セッションでは1.およびその解決の方向性の確認のみで終わる場合がございます
想定クライアント
  • 「感情」や「行動」が堂々めぐりに陥っている方
  • 「葛藤」や「パラドクス」を含む問題を抱えている方
  • 既存の枠組の延長にない目標設定、達成を志向する方

※ただし、当セッションは、疾病の治療を行うものではありません。
※パラドクスについては、こちらを参照ください。
制約事項など
 初回を「メタ・ビリーフチェンジ」体験コーチングとしてご提供いたします。想定時間は(一般的なセッションの70分より20分長い)90分です。

 Skype あるいは Google ハングアウトによるセッションを想定しています。ただし、都内23区内のみ対面セッションも可能です。

 詳細は「募集要項」に記載しています。

※当セッションは対話によるコーチングを想定しており、現代催眠技法を活用した催眠誘導および介入は範囲としておりません。
仮定していること
  • 事前課題:事前の課題を用意しております。お申込み完了後、電子メールにて課題をお送りいたします。課題は以下を想定しております。完全でなくても構いませんのでセッション前までに課題を完了しておいてください。以下予定している課題。


    • 課題リスト(課題を10個ほどリストしてください)
    • 3 Cloud 法の説明
    • SOAR(強み-状況分析)
    • 目標設定についての説明
    • その他

※3 cloud 法についてはこちらのリンクを参照ください。
※課題は状況に応じて多少変更する場合がございます。
体験セッションの料金等
〈クライアント1名の場合〉

  • 対面セッション(体験) 
    初回 ¥96,000 / 90分 (税込、都内のホテルラウンジ等を予定)

  • kype 等による遠隔セッション(体験)
    初回 ¥72,000  /90分    (税込)

〈グループの場合、あるいは研修形式の場合〉
※別途ご相談ください。
※初回からノウハウを全部出しますのでこの価格になっています。
お問い合わせフォーム

ご不明な点は、こちらからお問い合わせください。都内でしたら事前のご相談30分程度、対面 ¥10,000 (税込み)が可能です。成約時には初回セッション費用からこの金額を引かせていただきます。







記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com
https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679

――

0 件のコメント:

コメントを投稿