2017年6月24日土曜日

ミルトン・エリクソン論文全集を読む 175日目


                                                                                                                            
 
  催眠もいいけど、

  代案を持っていないと、単なるマヌケ(笑)。

   <ひとりごと>




はじめに

 備忘録として、



 お正月から、ミルトン・エリクソンの論文全集『The Collected Papers Milton H. Erickson』[1] を読んでいる。読み方のルールはここで書いた。

 175日目について書いておきたい。

抵抗を示すクライアントの偏頭痛

「Migraine Headache in a Resistant Patient (1936)」から。著者は、ミルトン・エリクソン。未発表の原稿。

 エリクソンがデトロイトのウェイン州立大学で講師をしている時の話。学と部は医学部だが、エリクソンはここで催眠を教えている。そして一人の厄介な男子生徒が居る。事あるごとに授業を妨害してくるというような具合だ。この生徒はそもそも催眠などというものをバカにしている。エリクソンもいい加減、この男子生徒にムカついている。

 ただし、この男子生徒は偏頭痛を抱えている。フットボールの試合中など強度の偏頭痛を起こす。

 お察しの通り、授業中にこの男子生徒で催眠のデモを行う。タイトルどおりに催眠など鼻から信じていないので、その間も色々抵抗を示してくるという具合。ここで、エリクソンはこの生徒にどのように対処したのか?また、彼の偏頭痛はどうなったのか?読んでからのお楽しみというような論文になっている。
 


随考

――システミックな思考とは何か? ――


 ネットに「Is systemic thinking extraneous to common sense?(2011)」というタイトルの家族療法の論文が落ちていたので読んでみた。

 ある意味、第二次サイバネティクスをくぐらせたミルトン・エリクソンの心理療法の進化系。これがよいのは、普通の「質問」だけで問題の解決を支援することができることだ。怪しくない。当然、日常生活や仕事の場面で、人間関係に起因する問題などを解決することにも使える。


 さて、システミックな思考というのは、全体論的(この中には、知覚、認識、感情、関係性などあらゆるものを含む)な思考と考えるとよいだろう。その意味、「問題が起きている」と一口に言っても、無生物であるパソコンが立ち上がらないというような問題とは違って、「職場の風通しが良くない」のような生き物である人間に起因する問題は、色々な要素を「システミック」に考える必要があるということになる。

 さて、ここで書いたが、ミシェル・リッターマンが考えるミルトン・エリクソンの哲学に以下があった。

  • セラピストが答えを出す必要はありません。クライアントが心を開いて見たり感じたりする手助けをすることに徹しなさい。

 反論することはないのだが、具体的にどう支援するのか?という疑問は湧いてくる。

 一つの答えは、クライアントがよりシステミックな思考で物事を見られるように支援する、というのがこの方向になる。それで、この支援をするためにエリクソン派生のシステミックを志向する家族療法では、これを促す「質問をする」ということになる。もっと細かい話をすると、ベイトソンの二重記述、多重記述で物事が見られるようになるように、無意識に視点を切り替え、二重・多重で物事を記述できる手伝いをする、ということになる。もちろんこれは、催眠は使わない、一見普通の「質問」によって行われる。

 この論文では、以下を意識した質問をする。難しいことを言っているが、自分が相手を説得するような形式で話か、他人が会話の中で言っていることを伝えるような間接的な形式でそれとなく伝えるか?のような違いでしかない・・・・・

 1. Monoadic (モノアディック)
  単一主人公による(主観的な)説明。
   2. Unidirectional dyadic (単一方向のダイアディック)
  二人の登場人物、一人が予期せぬ出来事の影響を受ける。
 3. Bidirectional dyadic (両方向のダイアディック)
  主人公に加えて、予期せぬ出来事の影響を受けるもう一人の人物が登場。
   4. Triadic (トライアディック)
  三人以上の人物が登場、ただし部分的にしか関係していない。
 5. 'Systemic Triadic' (システミックなトライアディック)
三人以上の人物が登場、円環的なゲシュタルトで結ばれている。 

 それで、この論文では普通の人がどのような形式の質問をしているのか?を定量的に調査したものだが、案外、システミックな思考を促す、4.や5.は使われていない、ということが分かったという論文になっている。

 もちろん、一般的な家族療法だと問題が起こっている関係性を二重記述、多重記述してシステミックな視点を身につけると自ずと解決策はわかってくるという前提にはなっている。要は、家族システムは生命を持ち自律しているオートポイエーティックなシステムだからだ。

 とりあえず、これはおいておいて、調査している英国でも、普通の人はあんまり、システミックな思考はしていないのだなぁとわかるのが面白いところなのだろう。

6月24日の進捗、1380ページまで(全体 2,648ページ、進捗率 52.1%)


Volume IV
INOVATIVE HYPNOTHRAPY

Migraine Headache in a Resistant Patient Milton H. Erickson Unpublished manuscript, 1936.





お知らせ:

ミルトン・エリクソンの本質を突き詰めたから分かったことがあります。

 組織のパラドクスを解消し、組織の認識、行動の変化を支援する、
「変化・創発ファシリテーション」のオンデマンド、オンサイト講座を開始いたします。

詳細は、こちらから。


(つづく)

文献
[1]http://ori-japan.blogspot.jp/2017/01/collected-papers.html


記事の内容の正誤について、執筆者は一切保証いたしません。また、本書の内容、エクソサイズなどを実行した結果被った被害などについて著者は一切責任を負わないこととします。本ニュースレターの内容は、以下クリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従うものとします。但し、引用元の著作権は引用元に所属します。ご意見、ご感想は次へ tritune'`@''gmail.com

https://www.facebook.com/Okirakusoken-236949276723679


――

0 件のコメント:

コメントを投稿